世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:オードブルのレシピ

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
チェリートマトの蟹の詰め物

カニの身をチェリートマトの中に仕込んだオードブルのレシピです。元レシピでは、中くらいのトマトに詰めるようになっていたのと、上に飾るオリーブを刻んで載せるようになっていたのですが、チェリートマトを使って、オリーブを半分に切って載せたら、まるでハロウィンの目玉のようになった感じがします。一口サイズにしなくていい場合は、元通り普通サイズのトマトを使ってください。詰めはが余っても、クラッカーに載せて食べるとおいしいので、パーティー用に活かせます。このレシピは、"Cooking for Company" で見つけました。

<チェリートマトの蟹の詰め物>

−材料−

・マヨネーズ−−−−−−−1カップ
・チリソース−−−−−−−大2
・ワインビネガー−−−−−大2
・ねぎ(微塵)−−−−−−大2
・パセリ(微塵)−−−−−大2
・オリーブオイル−−−−−大1
・ウスターソース−−−−−小1/2
・ホットソース−−−−−−小1/4
・塩−−−−−−−−−−−小1/8
・蟹の身−−−−−−−−−450g
・生クリーム−−−−−−−1/4カップ
・トマト−−−−−−−−−中6個と同量
・オリーブ−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ボウルに、上から塩までの材料を混ぜる。
*ほぐした蟹の身と生クリームをさっくり混ぜ合わせたら、1時間冷蔵する。
*トマトの上の方を切り落として中身を抜き、カニの詰め物を入れ、上にオリーブを飾って出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
クラブディップ・オールドベイ味

オードブル代わりに、温かいクラブディップのレシピです。万能シーズニングの、オールドベイを味付けに使っています。ディップするのは、クラッカー以外にも胡瓜とか、好みの材料を用意の上、ホリデー・ブレイクに、ディナーを待つ間、召し上がってください。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<クラブ・ディップソース>

−材料−

・無塩バター−−−−−−−−−−適量
・蟹の身−−−−−−−−−−−−230g
・クリームチーズ(室温)−−−−115g
・パルメザンチーズ(おろす)−−半カップ
・マヨネーズ−−−−−−−−−−大3
・レモンピール−−−−−−−−−小1/2
・レモンジュース−−−−−−−−大2
・ねぎ(微塵)−−−−−−−−−1本
・オールドベイシーズニング−−−小3/4
・コーシャーソルト−−−−−−−小1/2
・リッツクラッカー−−−−−−−7枚
・クラッカーその他−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*2カップほど入るベーキング皿もしくは、オーブンに入れられる鍋にバターを塗っておく。
*ボウルに、蟹とクリームチーズ、1/4カップのパルメザンと、マヨネーズから塩までの材料を、よく混ぜ合わせる。
*これを用意した皿か鍋に入れ、表面をならす。
*小さいボウルに、残りのパルメザンチーズと、砕いたリッツクラッカーを混ぜて、上に散らす。
*オーブンに入れて、表面が黄金色になるまで、約25分焼く。
*上から少しオールドベイシーズニングを振りかけ、余分なネギがあれば散らして、熱い内にクラッカーと一緒に出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
ハリバットのエスカベッシュ

ハリバットでエスカベッシュを作りました。まだそんなに暑くはありませんが、食欲のない時とかでも、この種の料理は、あっさりしていて口当たりがさわやかなので、食が進みます。オヒョウは特に上質の白身魚なので尚更です。エスカベッシュは、オードブルとして出すことが多いと思いますが、ブランチや軽いサパーにもいいと思います。私はスパイシーな料理が好きなので、ハバネロをレシピ通りに使っていますが、苦手な方は省いてください。新聞に載っていたレシピですが、"Food 911" というところから引用したようです。ちなみに、アメリカの911は、日本の110番と119番と同じです。(4〜6人分)

<ハリバットのエスカベッシュ>

−材料−

・ハリバット−−−−−−−−−−900g
・小麦粉−−−−−−−−−−−−1カップ
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
・オリーブオイル−−−−−−−−大6
・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−中1個
・赤パプリカ(薄切り)−−−−−1個
・緑パプリカ(薄切り)−−−−−1個
・にんにく(薄切り)−−−−−−2かけ
・ハバネロペッパー−−−−−−−適宜
・タイムの茎−−−−−−−−−−4本
・ローリエの葉−−−−−−−−−2枚
・黒粒胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
・オールスパイス(粒)−−−−−小1/2
・モルトビネガー−−−−−−−−1カップ
・水−−−−−−−−−−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ハリバット(皮なし)を4〜5cm角くらいに切って水気を拭き取っておく。
*小麦粉に塩胡椒を混ぜ、魚にまぶして、余分な粉を振るい落とす。
*スキレットで大さじ3杯のオイルを温め、オヒョウが軽く色づくまで、片面3〜4分ずつ焼く。
*ペーパータオルにとって油分を除いたら、浅いガラスの容器に、魚を一層に並べる。
*鍋の油をふき取って再び中火にかけたら、残りの油を入れる。
*野菜類を加えて、軟らかくなるまで約五分炒める。
*にんにくからオールスパイスまでの材料を入れて、更に2分炒める。
*ビネガーと水を注いで、沸騰させる。
*野菜とスパイス類を、魚を入れたガラス皿に入れたら、鍋のソースを注いで、室温になるまで冷ます。
*冷蔵庫に入れ、最低4時間から一晩マリネして、室温に戻してからいただく。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ