世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ガスパチョのレシピ

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
海老のガスパチョ

ガスパチョは、これまでにスイカときゅうりを使ったもの、イチゴ入りのもの、またカニを入れたものと、いろんなレシピで作ってきましたが、今回は大きな海老を飾って豪華に見せています。ゲスト・ディナーのときのオードブルに作りました。Relish.comに載っていたレシピです。(4人分)

<海老のガスパチョ>

―材料―

   ・トマトジュース−−−−−−−−4カップ
   ・グレープトマト(小口切)−−−1.5カップ
   ・セロリ(微塵)−−−−−−−−3本
   ・きゅうり(微塵)−−−−−−−1本
   ・赤パプリカ(粗微塵)−−−−−中1個
   ・赤玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−中1個
   ・ハラピノペッパー(微塵)−−−1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−大1かけ
   ・レモンジュース−−−−−−−−1/3カップ
   ・ウスターソース−−−−−−−−小2
   ・ホースラディッシュ−−−−−−小1〜2
   ・タバスコソース−−−−−−−−小1
   ・海老−−−−−−−−−−−−−450g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*大きいボウルで、海老以外の全ての材料を混ぜる。
*カバーをかけて、最低1時間から最大で6時間まで冷蔵する。
*海老はポーチして皮をむいておく。
*ガラスのコップにガスパチョを注ぎ、海老を飾って出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
ストロベリー・ガスパチョ

イチゴのガズパチョは以前にも作っています。そのときは、苺のコンソメを作って一晩寝かしてから翌日混ぜ合わせるという、手のかかるレシピだったのですが、今回は、混ぜ合わせてから寝かせるものの、下ごしらえはそんなに込み入っていません。写真では少しくすんだ赤色になっているのは、レシピにあるように赤パプリカを使わずに、ファーマーズマーケットで見つけた珍しいアイボリーのパプリカを使ったためです。このレシピのオリーブオイルは必ずエキストラバージンを使ってください。"Cooking Light"という雑誌に載っていたレシピです。(6人分)

<ストロベリー・ガスパチョ>

―材料―

   ・トマト(小口切り)−−−−1と1/3カップ
   ・キュウリ−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・赤パプリカ(小口切り)−−−−1/2カップ
   ・イチゴ―−−−−−−−−−−−−450g
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−小1/2
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−−小1/2
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大3
   ・バルサミコ酢−−−−−−−−−−大1
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・黒胡椒―−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・ベジタブルスープ−−−−−−−1/2カップ
   ・苺(薄切り)−−−−−−−−−−6個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*キュウリは皮をむいて小口に切り、トマトと赤パプリカと一緒にフードプロセッサーで微塵にして、ボウルに移す。
*イチゴの半分をプロセッサーで微塵にしたら、野菜のボウルに入れて混ぜる。
*このうち1カップを取っておき、残りとにんにく、タイムを一緒にしてプロセッサーでピューレにする。
*ボウルに戻して、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩胡椒と、取っておいた1カップの混ぜ物を加える。
*これを4〜8時間冷蔵したら、ベジタブルスープを混ぜ、苺を飾って出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
緑のクリーミィー・ガスパチョ


ガスパチョはこれまでにも何回か作りました。この前はカニのガスパチョのレシピを紹介しています。ガスパチョというと、やはりトマトが主体の身だくさんの赤いスープを想像しますが、今回は、セント・パトリックスデーにちなんで緑のクリーミィーなガスパチョのレシピになります。フレーバーをよく出すためには、できれば作ってから一晩置いた方がいいので、早めに準備してください。オリーブオイルはエキストラバージンを使ってくださいね。"Cook's Illustrated"に載っていたレシピの応用です。(4〜6人分)

<緑のクリーミィー・ガスパチョ>

―材料―

   ・エアルームグリーントマト−−−中6個
   ・きゅうり−−−−−−−−−−−小1本
   ・緑のパプリカ−−−−−−−−−中1個
   ・赤玉ねぎ−−−−−−−−−−−小1個
   ・にんにく−−−−−−−−−−−1かけ
   ・セラノチリ−−−−−−−−−−小1個
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・サンドイッチパン−ー−−−−−1枚
   ・オリーブオイル−−−−−−−−半カップ
   ・シェリービネガー−ー−−−−−大2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*トマトは芯を取り、胡瓜は皮をむき、半分に切って種を取っておく。
*パプリカも半分に切り芯を取って、赤玉ねぎは皮をむいて半分に切っておく。
*トマト4個と、胡瓜、パプリカ、赤玉ねぎの半分ずつを小口に切って、大きいボウルに入れる。
*にんにく、セラノチリと、小さじ1杯半の塩を入れてよく混ぜ、置いておく。
*別のボウルで、残りのトマト、胡瓜、パプリカを小口切りにし、玉ねぎはあられ切りにして混ぜる。
*塩小さじ半分を混ぜたら、ストレーナーに移し、ボウルにかざして1時間置く。
*この野菜を新しいボウルに移しておく。
*パンの端を取り、小さく切ったものを、ストレーナーから落ちた汁に1分浸す。
*これを余分な汁と一緒に、さっきの野菜のボウルに入れて混ぜる。
*この半量をブレンダーに入れて30秒回し、止めないで1/4カップのオイルをゆっくり垂らしていく。
*滑らかになるまで2分ほど回したら、ストレーナーでこし、大きいボウルに入れる。
*同じことを残り半分の野菜で繰り返し、同じボウルに移す。
*これに、シェリービネガーと、パセリ、最初に取っておいた小口に切った野菜の半量を混ぜ、塩胡椒で味付ける。
*カバーをかけて、最低2時間から一晩冷蔵する。
*残りの小口野菜と、オイル、ビネガー、黒胡椒を別々の容器に入れて一緒に出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ