世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:キャセロールのレシピ

ブログネタ
キャセロールのレシピ に参加中!
チャードとコーンのグラタン

チャードとコーンのグラタンレシピです。チャードはスイスチャードでも、レインボーチャードでもかまいません。ゲストディナーを作るときには、他のメニューにも同じ温度のオーブンで焼けるものがあると、時間が有効に使えるので、組み合わせを考えるときの選択基準にすることがあります。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<チャードとコーンのグラタン>

−材料−

・オリーブオイル−−−−適量
・スイスチャード−−−−約400g強
・塩−−−−−−−−−−適量
・にんにく(微塵)−−−大2かけ
・ローズマリー(微塵)−小1
・タイムの葉−−−−−−小1
・黒胡椒−−−−−−−−適量
・卵−−−−−−−−−−大3個
・牛乳−−−−−−−−−1/2カップ
・グリュイエール−−−−1/2〜3/4カップ
・とうもろこしの身−−−1.5〜2カップ
・パルメザンチーズ−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*塩水を沸かし、茎を取り除いたチャードの葉を入れて、1〜2分茹でる。
*冷水にとった後、水気を完全に採り、小さく切っておく。
*スキレットにオイルを大さじ1杯熱し、にんにくを入れて、香りが出るまで30秒ほど炒める。
*ハーブ類とチャードを加えて、塩胡椒で味付けする。
*中火でチャードに油が絡むまで約1分炒めたら、火からおろす。
*大きいボウルに卵と牛乳と塩小さじ1杯を混ぜる。
*これに炒めた野菜と、おろしたグリュイエールチーズを入れ、コーンも加えてよく混ぜる。
*これを、油を塗ったキャセロールに入れたら、おろしたパルメザンチーズを振りかけて、上からオイルを垂らす。
*オーブンで、表面が少し色づくまで30〜40分焼く。
*10分ほど置いてから出す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
キャセロールのレシピ に参加中!
ホットディッシュ・エイミー

ホットディッシュという、アメリカの中西部から北西部にかけて人気の家庭料理を紹介します。名前がとても一般的なので、特定の料理についている名前だと認識しにくいのですが、英語名では、"hotdish" と一語になっています。ざっくり言うと、炒めた挽肉に野菜と何らかのスープ缶を混ぜてキャセロールに入れ、上にアメリカの子どもなら大抵好きな冷凍テイタートッツ(小さく丸めて揚げたじゃがいも)を、全体に埋めてオーブンで焼くだけの、準備がいたって簡単な定番料理です。小学生の子連れで親戚が遊びに来たときに作りました。ここでは解説が長くなるので、このアメリカ上院議員のレシピの背景については、私の〜クックソフィ〜料理のまとめ「世界編」西海岸発ブログのミネソタ州記事をご覧になってくださいね。他州の記事もたくさん載せています。

<ホットディッシュ・エイミー>

−材料−

・牛挽肉−−−−−−−−−−−−−約600g
・クリームオブマッシュルーム缶−−1缶
・クリームオブチキン缶−−−−−−1缶
・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−−小1個
・にんにく(微塵)−−−−−−−−数かけ
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
・ペッパージャックチーズ−−−−−約300g
・テイタートッツ−−−−−−−−−1袋

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*挽肉を炒めて、余分な脂を取り除き、玉ねぎとニンニクも炒める。
*大きいボウルに、挽肉と野菜、スープ缶と塩胡椒を混ぜたら、キャセロールに入れる。
*半分の刻んだチーズを散らし、テイタートッツで全て覆い、230度(華氏450度)に温めておいたオーブンで30分焼く。
*残りのチーズを全体に散らして、溶けるまで焼いたら出来上がり。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
リガトーニとラム肉のキャセロール

ベイクド・パスタのレシピです。今回はリガトーニパスタとラム肉のラグーを合わせ、モッツァレラチーズをたっぷりかけて、オーブンで焼きます。赤ワインがたっぷり入っているからでしょうか、ラム肉の臭みはあまり感じることなく、美味しくいただけました。火を通していますが、ラグーを作るのに、ワインが2カップ半入っているので、ファミリー・ディナーにはご注意ください。"Modern Comfort Food" という本に載っていたレシピで作りました。(8人分)

<リガトーニとラム肉のキャセロール>

−材料−

・オリーブオイル−−−−−−−−大3
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−1.5カップ
・人参(さいの目)−−−−−−−2カップ
・フェンネル(さいの目)−−−−2カップ
・ラム挽肉−−−−−−−−−−−450g
・にんにく(微塵)−−−−−−−3かけ
・フェンネルシード(粗微塵)−−大1
・トマトペースト−−−−−−−−大2
・トマト(つぶし缶)−−−−−−800g
・赤ワイン(辛口)−−−−−−−2.5カップ
・オレガノ(乾燥)−−−−−−−小1
・レッドペッパーフレーク−−−−小1/4
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
・リガトーニ−−−−−−−−−−450g
・卵−−−−−−−−−−−−−−特大2個
・ヘビークリーム−−−−−−−−2/3カップ
・モッツァレラチーズ−−−−−−450g
・パルメザンチーズ(おろす)−−半カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンか厚手の鍋を中火で熱し、オイルを温める。
*玉ねぎ、にんじん、フェンネルを入れて、時々混ぜながら、野菜が色づいてくるまで、10分炒める。
*ラム肉、にんにく、シードを加えて、木べらで挽肉をつぶしながら、ピンク色が取れるまで8分炒める。
*トマトペースト、トマト、2カップのワイン、オレガノ、レッドペッパーと大さじ1の塩と小さじ1の胡椒を加える。
*沸騰したら、火を弱くして、少し蓋が被せて時々混ぜながら、約40分煮る。
*火を止めてから、残り半カップのワインを混ぜる。
*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*大きい鍋に、たっぷりの水と大さじ2の塩を入れて沸騰させたら、リガトーニを加えて、箱の指示通り茹でる。
*大きいボウルで、卵とクリームを泡立てたら、茹でたパスタに絡ませる。
*モッツァレラチーズの半量をおろして入れ、ラム肉のラグーと、小さじ2の塩と小さじ1の胡椒を加えて混ぜる。
*これを35cmX25cmくらいの長方形のキャセロールに移して、パルメザンチーズを全体に振りかける。
*残りのモッツァレラチーズを薄切りにして上に並べ、オーブンで40〜45分焼いて、熱い内にいただく。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ