世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:キャセロールのレシピ

ブログネタ
パスタ に参加中!
リガトーニとラム肉のキャセロール

ベイクド・パスタのレシピです。今回はリガトーニパスタとラム肉のラグーを合わせ、モッツァレラチーズをたっぷりかけて、オーブンで焼きます。赤ワインがたっぷり入っているからでしょうか、ラム肉の臭みはあまり感じることなく、美味しくいただけました。火を通していますが、ラグーを作るのに、ワインが2カップ半入っているので、ファミリー・ディナーにはご注意ください。"Modern Comfort Food" という本に載っていたレシピで作りました。(8人分)

<リガトーニとラム肉のキャセロール>

−材料−

・オリーブオイル−−−−−−−−大3
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−1.5カップ
・人参(さいの目)−−−−−−−2カップ
・フェンネル(さいの目)−−−−2カップ
・ラム挽肉−−−−−−−−−−−450g
・にんにく(微塵)−−−−−−−3かけ
・フェンネルシード(粗微塵)−−大1
・トマトペースト−−−−−−−−大2
・トマト(つぶし缶)−−−−−−800g
・赤ワイン(辛口)−−−−−−−2.5カップ
・オレガノ(乾燥)−−−−−−−小1
・レッドペッパーフレーク−−−−小1/4
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
・リガトーニ−−−−−−−−−−450g
・卵−−−−−−−−−−−−−−特大2個
・ヘビークリーム−−−−−−−−2/3カップ
・モッツァレラチーズ−−−−−−450g
・パルメザンチーズ(おろす)−−半カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンか厚手の鍋を中火で熱し、オイルを温める。
*玉ねぎ、にんじん、フェンネルを入れて、時々混ぜながら、野菜が色づいてくるまで、10分炒める。
*ラム肉、にんにく、シードを加えて、木べらで挽肉をつぶしながら、ピンク色が取れるまで8分炒める。
*トマトペースト、トマト、2カップのワイン、オレガノ、レッドペッパーと大さじ1の塩と小さじ1の胡椒を加える。
*沸騰したら、火を弱くして、少し蓋が被せて時々混ぜながら、約40分煮る。
*火を止めてから、残り半カップのワインを混ぜる。
*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*大きい鍋に、たっぷりの水と大さじ2の塩を入れて沸騰させたら、リガトーニを加えて、箱の指示通り茹でる。
*大きいボウルで、卵とクリームを泡立てたら、茹でたパスタに絡ませる。
*モッツァレラチーズの半量をおろして入れ、ラム肉のラグーと、小さじ2の塩と小さじ1の胡椒を加えて混ぜる。
*これを35cmX25cmくらいの長方形のキャセロールに移して、パルメザンチーズを全体に振りかける。
*残りのモッツァレラチーズを薄切りにして上に並べ、オーブンで40〜45分焼いて、熱い内にいただく。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚料理 に参加中!
サーモンとポテトのキャセロールのレシピ

サーモンとポテトのキャセロールレシピです。まず皮付きのジャガイモを先に焼き、上に鮭を載せて、サワークリームか好みでヨーグルトがベースのホースラディッシュ・タラゴンソースを作って塗り、再びオーブンで焼いて仕上げます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4〜6人分)

<サーモンとポテトのキャセロール>

−材料−

・無塩バター−−−−−−−−−30g
・じゃがいも(皮付)−−−−−450g
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・シャロット(微塵)−−−−−1/2カップ
・サワークリーム−−−−−−−1カップ
・ホースラディッシュ−−−−−1/3カップ
・タラゴン−−−−−−−−−−大3
・チャイブ(微塵)−−−−−−大3
(白胡椒−−−−−−−−−−−小1/8)
・サーモンの切り身−−−−−−900g
・パプリカ−−−−−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*ガラスのベーキング皿にバターを塗っておく
*じゃがいもを3mm程の薄い輪切りにしたら、ベーキング皿に少し重なるようにして並べていく。
*塩胡椒で味付けし、シャロットを散らして、オーブンで20分焼く。
*この間にボウルで、ホースラディッシュ、各大さじ2杯のタラゴンとチャイブ、好みで白胡椒を混ぜ、小さじ1杯の塩を加えて冷蔵しておく。
*サーモンにパプリカと塩を少し振りかけたら、オーブンから取り出したベーキング皿のジャガイモの上に置く。
*大さじ2〜3杯のタラゴンとホースラディッシュのソースを鮭の上に塗り、再びオーブンに入れて、15〜20分焼く。
*残り各大さじ1杯のタラゴンとチャイブをサーモンの上に振りかけたら、残りのソースを添えて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
テクスメクス・エンチラーダ・キャセロール

エンチラーダのレシピです。テクスメクス料理の1つで、キャセロールに入れて調理します。今回は、コーンのトルティーヤを使っています。普通のエンチラーダのように具をトルティーヤで巻いて並べるのではなく、容器の底と上に置いて、具を全体で挟む感じにセットします。"Cook's Country Best Potluck Recipes" にあったレシピで作りました。(10人分)

<テクスメクス・エンチラーダ・キャセロール>

−材料−

・コーントルティーヤ−−−−−中20枚
・ビーフスープ−−−−−−−−1.5カップ
・トマト缶(小口切り)−−−−280g
・牛挽肉−−−−−−−−−−−900g
・サラダ油−−−−−−−−−−大2
・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−2個
・にんにく(微塵)−−−−−−8かけ
・チリパウダー−−−−−−−−大2
・クミンパウダー−−−−−−−小1
・トマトソース−−−−−−−−1.5L
・モントレ―ジャックチーズ−−4カップ
・ハラペーニョ(微塵)−−−−3個
・パセリ(微塵)−−−−−−−1/2カップ
・ホットソース−−−−−−−−大1
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*22cmX32cmくらいのキャセロール皿に油を塗っておく。
*スキレットを中強火で、トルティーヤを片面1〜2分ずつ温めて、皿に取っていく。
*8枚のトルティーヤをちぎってフードプロセッサーに入れる。
*3/4カップのスープとトマトを入れて、滑らかになるまで混ぜたら、ボウルに移す。
*スキレットを再び中強火にし、挽肉に火が通るまでよく炒める。
*肉汁を除いた中身をボウルに加える。
*空になったスキレットに油を入れ、玉ねぎが軟らかくなるまで約5分炒める。
*にんにくとチリとクミンを加えて、香りが出るまで30秒ほど炒める。
*トマトソースと残りのスープを注いで、少し濃くなるまで、5〜7分煮る。
*このうち、半カップのソースと、1.5カップの細切りチーズ、1個のハラペーニョ、パセリ、ホットソースをボウルに加えて、塩胡椒で味付ける。
*6枚のトルティーヤをキャセロール皿の底に並べ、ボウルの中身を流し込む。
*残り6枚のトルティーヤを載せて、上に、残りのトマトソースをかける。
*230℃(華氏450度)に熱したオーブンに入れて、約30分焼く。
*キャセロールを取り出して、残り2.5カップの細切りチーズを上にかけ、残り2個のハラペーニョを散らして、更に10〜20分焼く。
*15分ほど置いてから、好みでサワークリームやライムを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ