世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ケイジャン料理のレシピ

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
ジャンバラヤ風串焼

ジャンバラヤは、クレオールの代表的な米料理で、スペイン料理のパエリヤのケイジャン版とも言えますが、今回はライスではなく、串刺しにする食材と味付けがジャンバラヤ風ということで、この名前が付いています。料理雑誌に載っていた、簡単に用意できるレシピです。(4人分)

<ジャンバラヤ風串焼き>

−材料−

   ・海老−−−−−−−−−−−−−−16尾
   ・燻製ソーセージ−−−−−−−−−1カップ
   ・玉ねぎ−−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・赤パプリカ−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・チェリートマト−−−−−−−−−16個
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大3
   ・ケイジャンシーズニング−−−−−小2
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−−−小1
   ・オレガノ(微塵)−−−−−−−−−小1/2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老の皮をむいて背綿を取り、ソーセージは1cm厚さの輪切りにしておく。
*玉ねぎとパプリカは、2〜3cm角くらいに切っておく。
*グリルの火をつける。
*パセリ以外の材料を全て混ぜたら、串に交互に刺していく。
*軽く焼き色が付くまで、片面約2分ずつ焼いたら、皿に載せて、上からパセリを振りかけて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
ケイジャンシュリンプのフェットチーネ


ニューオリンズのちょっとスパイシーな海老のパスタ料理のレシピです。暑いときには、スパイスの効いた料理がほしくなります。"Cooking Light"という料理雑誌に載っていたのですが、元レシピでは、パスタの量が少なかったので、倍の量にして作りました。パスタは元々はリングィネでした。(4人分)

<ケイジャンシュリンプのフェットチーネ>

―材料―

   ・フェットチーネ−−−−−−−−345g
   ・ケイジャンシーズニング−−−−小1.5
   ・海老―−−−−−−−−−−−−450g
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−大2
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−1カップ
   ・パプリカ(緑)−−−−−−−−1カップ
   ・セロリ(薄切り)−−−−−−−1/2カップ
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−大1.5
   ・レッドペパー−−−−−−−−−小3/8
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−5かけ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・ローリエの葉−−−−−−−−−2枚
   ・小口切りトマトの缶詰−−−−−410g
   ・ライトクリーム−−−−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*パスタを箱の指示通りに茹でて、1/3カップのゆで汁を取り、水気を切っておく。
*海老は皮をむき、背綿を取って、ケイジャンシーズニングをまぶしておく。
*スキレットを中強火に熱して、大さじ1のオイルを垂らす。
*海老を入れ、2、3分炒めたら取り出し、鍋をペーパータオルで拭いておく。
*残りのオイルを鍋に垂らして、野菜類と大さじ1のタイムを入れ、時々混ぜながら5分炒める。
*レッドペパーとにんにくを加えて3分炒める。
*取っておいたゆで汁と塩、ローリエの葉、トマトを汁ごと加えて沸騰させる。
*火を弱めて更に5分煮る。
*ローリエの葉を捨てて、火からおろし、海老とパスタを混ぜる。
*ライトクリームを入れたら、中火にかけて1分ほど火を通す。
*残りのタイムを散らして出す。

LD logo medium





このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
シーフード・ガンボ

ケイジャン料理のレシピです。以前に「クレオール・シュリンプ」を紹介しましたが、今日のレシピはいろんなシーフードを使った豪華版の「ガンボ」です。カニのシーズンにもいいですね。スープも、チキンコンソメの他、クラムジュースに海老の殻も使ってだしをとるので、こくが出ます。材料はたくさん用意しなければ行けませんが、手順は難しくありませんが、煮込む時間はかかります。私はザリガニが手に入らなかったので、スキップしました。その分他のシーフードの量を増やしてもいいと思います。ご飯をたくさん用意しておけば、パーティーで人数が増えてもカバーできる容量です。家族のディナーには、半量にしたり、4分の1量にしたりして調整してください。(16人分)

<シーフード・ガンボ>

−材料−

   ・サラダ油ーーーーーーーーーー3/4カップ
   ・小麦粉ーーーーーーーーーーー3/4カップ
   ・タイムの葉ーーーーーーーーー小1/2
   ・バジルの葉ーーーーーーーーー小1/2
   ・月桂樹の葉ーーーーーーーーー1枚
   ・塩ーーーーーーーーーーーーー大1
   ・カイエンペパーーーーーーーー小3/4
   ・黒胡椒(荒挽き)ーーーーーー小1/2
   ・セロリ(小口切)ーーーーーー1/2カップ
   ・パプリカ(小口切)ーーーーー1/2カップ
   ・玉ねぎ(小口切)ーーーーーー1/2カップ
   ・オクラ(薄切り)ーーーーーー1カップ
   ・にんにく(微塵)ーーーーーー4かけ
   ・チキンコンソメーーーーーーー4カップ
   ・クラムジュースーーーーーーー4カップ
   ・海老(殻つき)ーーーーーーー680g
   ・トマト(缶詰)ーーーーーーー400g
   ・牡蠣ーーーーーーーーーーーー2カップ
   ・カニの身ーーーーーーーーーー450g
   ・ザリガニの身ーーーーーーーー450g
   ・白いご飯(調理済)ーーーーー8カップ
   ・ねぎ(微塵)ーーーーーーーー4本

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

−作り方−


*大きいストックポットを火にかけ、サラダ油を熱する。
*小麦粉を入れて、銅色になるまで混ぜたら、タイムからにんにくまでの材料を加える。
*野菜が柔らかくなるまで煮たら、火からおろして約30分冷ます。
*えびの殻をむいて取っておく。
*大きい鍋でチキンコンソメとクラムジュースをえびの殻を沸騰させてから10分煮る。
*えびの殻を取り出してスープを取っておく。
*冷ました野菜をスープに入れて、濃くなるまで煮る。
*トマトからザリガニまでと、海老を入れて、20〜30分煮る。
*ご飯と同じ皿に入れて、ねぎを散らして出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ