世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ココナッツマカルーンのレシピ

ブログネタ
クッキーのレシピ に参加中!
ココナッツカスタード・マカルーン

イースターにはココナッツ。今年は庭にまだ兎さんが出没していません。やっぱりコロナのせいでどこかで身を寄せ合っておとなしくしているのでしょうか。さて、マカルーンは過去に、チョコレート味やエスプレッソ味、またチョコレートコーティングしたものなど作っていますが、今回はカスタード風味になっていて、もちもち感があります。作り方はとても簡単! レシピは、"Food 52" というサイトで見つけました。しばらく持ちますが、湿ってきたなと思ったら、再びパーチメントを敷いたベーキングシートに載せて、180℃のオーブンで5分くらい焼くとよいです。(5ダース分)

<ココナッツカスタード・マカルーン>

−材料−

・加糖ココナッツ(細切り)−−−510g
・練乳−−−−−−−−−−−−−235g
・無塩バター(溶かす)−−−−−110g
・卵−−−−−−−−−−−−−−大1個
・バニラエッセンス−−−−−−−小1
・塩フレーク−−−−−−−−−−小3/4

−作り方−

*オーブンを190℃(華氏375度)に温めておく。
*淵のあるベーキングシート2枚にパーチメントをを敷いておく。
*ボウルに全ての材料を混ぜる。
*大さじ2杯容量のクッキースプーンで生地をすくい、5cmくらい間を空けてシートに並べていく。
*オーブンで、上と周りが黄金色になるまで、約14分焼く。(途中でシートの位置を変える。)
*取り出したら、そのまま5分ほど置いてから網の上に移し、完全に冷ます。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
クッキーのレシピ に参加中!
ココナッツマカルーンのチョコディップクッキー

ココナッツマカルーンの半分にチョコレートを浸けたレシピです。以前に、コーヒー味とエスプレッソ味のマカルーンクッキーのレシピを載せています。マカルーンは、ともすれば甘すぎるのですが、今日のレシピでは、セミスイートチョコレートで半分カバーするので、甘みと苦味のバランスが取れていいかと思います。密閉容器に入れておけば、1週間は持ちます。ただ、くっつきやすいので、層を重ねるときは、間にパーチメントでも敷いておくと、取り出しやすくなります。(2ダース分)

<ココナッツマカルーンのチョコディップクッキー>

−材料−

   ・無糖ココナッツ(細切り)−−−−−−2.5カップ
   ・コーンスターチ−−−−−−−−−−大1と小2
   ・砂糖−−−−−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・無塩バター−−−−−−−−−−−−30g
   ・ライトコーンシロップ−−−−−−−1/4カップ
   ・バニラエッセンス−−−−−−−−−小1
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・卵白−−−−−−−−−−−−−−−2個
   ・セミスイートチョコレート−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*ベーキングシートにバターを塗り粉を振っておく。
*ボウルにココナッツとコーンスターチを混ぜておく。
*ソースパンに、砂糖から塩までの材料を入れて、常に混ぜながら、強火で沸騰させる。
*一旦沸騰したら、10秒経って火からおろし、ココナッツとコーンスターチの混ぜ物を加える。
*卵白を軽く泡立てて、半量を加えてよく混ぜたら、残りも入れて混ぜる。
*これを再び強火にかけ、30秒ほど混ぜたら、少し冷ます。
*手を濡らして、大さじ1杯分くらいの生地を取って、ボール状にまとめ、ベーキングシートに間を空けて並べていく。
*オーブンに入れ、途中で向きを変えて、全体で約10分焼く。
*取り出したら、シートに載せたまま、完全に冷ます。
*チョコレートを湯煎にかけ、ほぼ溶けかけたら火からおろして、余熱で残りを溶かす。
*ゴムベラで完全に滑らかになるまで混ぜた後、時々混ぜながら冷ます。
*別のベーキングシートにパーチメントを敷いておく。
*クッキーを1枚ずつ手に持ち、冷ましたチョコレートに半分浸けて、余分なチョコを落としたら、パーチメントの上に並べていく。
*チョコレートが固まりにくい場合は、5分ほど冷蔵してから、室温にして出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ