世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:スープのレシピ

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
ホワイト・ボルシチ

ボルシチは、赤いビーツを使ったウクライナの有名なスープ料理ですよね。でも今回は白いボルシチ。ビーツの代わりにジャガイモ、キャベツの代わりにリーキが入って、パンも加わります。ニューヨークタイムズに載っていたレシピを使ったのですが、ソーセージをゆでた汁だけでは物足りなかったので、コンソメ顆粒を加えて味付けました。お好みで調整してください。大人数用なので、私は半量で作りました。

<ホワイト・ボルシチ>


−材料−

・燻製キルバーサ−−−−−−−1125g
・ローリエの葉−−−−−−−−5枚
・リーキ−−−−−−−−−−−1350g
・じゃがいも−−−−−−−−−1350g
・無塩バター−−−−−−−−−225g
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−2カップ
・にんにく(微塵)−−−−−−6かけ
・コーシャソルト−−−−−−−適量
・サワードウパン−−−−−−−115g
・黒胡椒−−−−−−−−−−−大1
・クレームフレッシュ−−−−−1/2カップ
・ディル(微塵)−−−−−−−一束

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*鍋に12カップの水を入れ、4つに切り分けたキルバーサとローリエの葉を加えて沸騰させる。
*少し火を弱めて25分ほど煮たら、ソーセージを取り出して、ゆで汁はそのままにしておく。
*この間に、リーキを縦半分に切ってから洗い、1cm幅くらいの半月切りにする。
*ジャガイモの皮をむき、1.5cmくらいの角切りにする。
*スープ鍋を弱火で熱して、バターの半量を溶かしたら、玉ねぎとニンニクと塩少々を入れて、約5分炒める。
*残りのバターを加えて、リーキと塩をもう少し入れて、弱火で約8分、照りが出るまで炒める。
*パンの端を取り除いて角切りにしたサワードウと、ソーセージのゆで汁半分を入れて、約10分煮る。
*この間に、キルバーサを縦半分に切り、2本を鍋に加え、残りの6本は薄い半月切りにして置いておく。
*ふやけたパンの角切りと、スープ1カップ分を、鍋から取り出して置いておく。
*ジャガイモの角切りと、ソーセージのゆで汁残りを鍋に入れて、塩少々と胡椒の半量を加える。
*鍋の温度が沸騰近くまで戻ったら、約25分煮る。
*取り出したパンとスープ少量をフードプロセッサーでピューレにし、キルバーサの薄切りと一緒に鍋に加える。
*クレームフレッシュに、熱いスープ半カップを加えて溶かし、鍋に入れたら、ディルと残りの胡椒を加えて、熱い内に出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
シチューのレシピ に参加中!
ミートボールとスクウォッシュとトマトのシチュー

ミートボールとバターナット・スクウォッシュとトマトのシチューを紹介します。挽肉を使ったスープのレシピでは、以前に、ミートボールとひよこ豆のスープや、ボリュームたっぷりのミートボールとパスタのスープのレシピを紹介しました。今回は比較的良質の牛挽肉を使っていますが、鶏の挽肉でもかまいません。オリジナルレシピでは、玄米パンを使うようになっていたのですが、私は白いパンを使いました。また、カリフラワーを使うところをマッシュルームに替えています。Cooking Light に載っていたレシピを応用しました。(4人分)

<ミートボールとスクウォッシュとトマトのシチュー>

−材料−

・バン(角切り)−−−−−−−1.5枚
・牛乳−−−−−−−−−−−−1/3カップ
・牛挽肉−−−−−−−−−−−450g
・クミンパウダー−−−−−−−小1/2
・黒胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
・パセリ(微塵)−−−−−−−1/2カップ
・コーシャーソルト−−−−−−小5/8
・オリーブオイル−−−−−−−大2
・バターナットスクウォッシュ−1カップ
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−3/4カップ
・にんにく(微塵)−−−−−−大1
・ビーフストック−−−−−1と1/4カップ
・トマト(小口切り)−−−−−2カップ
・トマトソース(無塩)−−−−3/4カップ
・マッシュルーム(4つ切り)−1カップ半

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ボウルにパンを入れ、牛乳を注いで5分置く。
*これに挽肉、クミン、胡椒、1/4カップのパセリと塩小さじ1/8を混ぜて、ボール状にまとめていく。
*ダッチオーブンを中強火で温め、オイルを加えたら、ミートボールを一層に並べて調理する。
*全面が色づくまで、4分ほど転がしながら焼いたら、皿に取る。
*鍋に小口切りにしたスクウォッシュ、玉ねぎ、にんにくを入れて、時々混ぜながら約3分炒める。
*ストックを注ぎ、鍋底から混ぜて、残りの塩小さじ半分と加えて、液体が半分になるまで、約6分煮る。
*トマトとトマトソースを足して少し沸騰させたら、時々混ぜながら、スープが濃くなるまで6〜8分煮る。
*マッシュルームを加えて蓋をし、3分蒸したら、ミートボールを鍋に戻し、蓋をして更に6〜8分煮る。
*残り1/4カップのパセリを散らして出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
チャウダーのレシピ に参加中!
ロードアイランド・レッドクラムチャウダー

白いクラムチャウダーを以前に作っていますが、今回はロードアイランドから来た、赤いクラムチャウダーのレシピで作りました。白いバージョンでは、生クリームに白ワインを使いましたが、赤版ではクラムジュースをベースに、トマト缶にトマトペーストで色が付いています。Americastestkitchen.com に載っていたレシピです。(6人分)

<ロードアイランド・レッドクラムチャウダー>

−材料−

・水−−−−−−−−−−−−−3カップ
・チェリーストーン(貝)−−−2.7kg
・無塩バター−−−−−−−−−30g
・トマト缶(ホール)−−−−−785mL
・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−中1個
・トマトペースト−−−−−−−大1
・にんにく(微塵)−−−−−−中2かけ
・クラムジュース−−−−−−−670mL
・じゃがいも−−−−−−−−−中3個
・ベーコン−−−−−−−−−−2枚
・月桂樹の葉−−−−−−−−−1枚
・パセリ(微塵)−−−−−−−大2
・ドライシェリー−−−−−−−小2
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*じゃがいもの皮をむいて小口切りにし、トマトは身と汁を分けておく。
*ダッチオーブンに水を沸騰させたら、貝を入れて蓋をし、5分煮る。
*一度混ぜて再び蓋をし、貝が開くまで2〜5分煮る。
*開いたものは大きいボウルに移し、閉じたままの物は捨てる。
*透明なゆで汁を2カップ取っておき、貝から身を外して粗く刻んでおく。
*きれいにした鍋で中火でバターを溶かし、トマト、玉ねぎ、ペーストを入れて、少し茶色くなるまで11〜13分煮る。
*にんにくを加えて30秒ほど香りを出したら、クラムジュースに、取っておいた貝のゆで汁と、トマト缶のジュースを注ぎ入れる。
*そこから良くかき混ぜたら、何回かに分けてスープを1〜2分ピューレにする。
*これをきれいな鍋に戻し、ジャガイモとベーコン、月桂樹の葉を入れて沸騰させる。
*火を弱くして、ポテトに火が通るまで20〜25分煮る。
*火からおろして、ベーコンと月桂樹の葉を除いて、パセリとシェリーを入れ、塩胡椒で味付けする。
*刻んでおいた貝の身を加えて蓋をし、約1分蒸したら、ボウルに注ぎ分ける。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ