世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:チキンソテーのレシピ

ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
鶏胸肉のソテー・コーンクリーム添え

鶏胸肉を使った、とても簡単にできるレシピです。平日の夜にささっと作れます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4人分)

<鶏胸肉のソテー・コーンクリーム添え>

−材料−

   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−−−4枚
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・とうもろこし−−−−−−−−−大2本
   ・バター−−−−−−−−−−−−30g
   ・シャロット(微塵)−−−−−−1/4カップ
   ・白ワイン(辛口)−−−−−−−1/2カップ
   ・ディジョンマスタード−−−−−大2
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−2/3カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*鶏胸肉の両面に塩胡椒をしておく。
*とうもろこしの身をそいでおく。
*大きいスキレットにバターを熱し、鶏胸肉を一列に並べる。
*3分炒めたらひっくり返して蓋をし、更に5分炒めて、温かい皿に移しておく。
*鍋にシャロットを入れてさっと炒めたらワインを注ぎ、沸騰したら、とうもろこしの身とマスタードを入れる。
*生クリームも加えて混ぜ、再び沸騰してきたら、パセリを入れる。
*チキンの上に、このソースをかけて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
チキンのソテー・オリーブとレモン和え

鶏胸肉のソテーのレシピです。チキンを炒めるときに、グリーンオリーブやケッパーに、ローストしたレモンも加えてさわやかな酸味のある風味を加えています。ほうれん草はベビースピナッチの葉を詰めた袋入りを使うので、洗う手間も省けてすぐに使えます。(4人分)

<チキンのソテー・オリーブとレモン和え>

―材料―


   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/4カップ
   ・レモン−−−−−−−−−−−−2個
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・ほうれん草(袋入り)−−−−−280g
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−大2
   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−−−4枚
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・グリーンオリーブ−−−−−−−1/2カップ
   ・ケッパー−−−−−−−−−−−大2
   ・チキンスープ−−−−−−−−−1カップ
   ・無塩バター(小口)−−−−−−45g
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*ベーキングシートにパーチメントを敷く。
*オリーブオイルを少し垂らして、くし形に切ったレモンを並べる。
*上からまた少しオイルを垂らして、塩胡椒を振りかける。
*これをオーブンに入れ、周りが茶色くなるまで約20分ローストする。
*この間に、スキレットを熱し、強火で2分ほどほうれん草の葉を炒める。
*ストレーナーにとって、押し付けるようにして余分な水分を取る。
*鍋を拭いて再び熱し、大さじ2のオイルを入れる。
*パン粉を入れて、中火で2分ローストする。
*これにほうれん草を加え、1分ほど火を通して塩胡椒で味付けする。
*鶏肉に塩胡椒して、小麦粉をまぶしておく。
*別のスキレットを熱し、残りのオイルを入れる。
*チキンを入れ、強火で色づくまで、一度ひっくり返して約6分炒める。
*種を取り薄切りにしたオリーブと、水気を切ったケッパーとスープを加え、沸騰させる。
*強火で、液体が3分の2になるまで、約5分煮る。
*ローストしたレモンとバターとパセリを加えて、塩胡椒で味を調整する。
*鶏肉に完全に火が通るまで、更に1分煮る。
*チキンを皿に移し、ソースを上にかけ、ほうれん草を添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
鶏胸肉のタラゴンソテー


酉年ですね。実は私の干支です。ということで、鶏の胸肉を使ったレシピを紹介します。プレースマットもルースターにしました。ほんの少しカレーの隠し味も入っています。鶏胸肉が小さい場合は、一人2枚分用意するといいでしょう。たたいて薄くするのですが、私は初めから薄切りになっているのを買ってきて、手間を省きました。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<鶏胸肉のタラゴンソテー>

―材料―


   ・パプリカ−−−−−−−−−−小1
   ・カレー粉−−−−−−−−−−小1
   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−−6枚
   ・塩―−−−−−−−−−−−−適量
   ・サラダ油−−−−−−−−−−適量
   ・無塩バター−−−−−−−−−45g
   ・シャロット(微塵)−−−−−大1
   ・白ワイン(辛口)−−−−−−1/4カップ
   ・チキンスープ−−−−−−−−1カップ
   ・タラゴン(微塵)−−−−−−大1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*パプリカとカレー粉を混ぜて鶏の両面にまぶし、カバーをかけて2時間冷蔵しておく。
*鶏肉を2枚ずつラップに包み、肉たたきでたたいて薄くする。
*オーブンを保温できる温度に温めておく。
*チキンの両面に塩を振りかけておく。
*スキレットを中強火で熱し、油を入れて、胸肉を少しずつ入れて1,2分炒める。
*ひっくり返してさらに1,2分炒めたらベーキング皿に取り、残りのチキンも炒める。
*これをオーブンに入れて温めておく。
*スキレットの油を除き、中火に戻して、15gのバターを入れてシャロットを30秒ほど炒める。
*ワインを注いで中強火にし、液体が半減するまで1分ほど火を通す。
*チキンスープを加えて沸騰させたら、少し濃くなるまで1,2分煮詰める。
*タラゴンと残りのバターと、ベーキング皿に出た汁を入れる。
*バターが溶けたら塩胡椒で味付けする。
*温めておいた鶏肉を温かい皿に載せ、鍋のソースをかけて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ