世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ハリバットのレシピ

ブログネタ
お肉お魚メイン料理 に参加中!
ハリバットのグリル・マヨネーズチーズトッピング


ハリバット(オヒョウ)にマヨネーズやバターにパルメザンチーズを混ぜたトッピングを塗ってオーブンで焼くレシピです。簡単に用意できるので、平日の夜のメニューに最適です。"allrecipes.com" に載っていたレシピで作りました。

<ハリバットのグリル・マヨネーズチーズトッピング>

−材料−

・パルメザンチーズ(おろす)−−1/2カップ
・バター(室温)−−−−−−−−1/4カップ
・マヨネーズ−−−−−−−−−−大3
・ねぎ(微塵)−−−−−−−−−大3
・レモンジュース−−−−−−−−大2
・塩−−−−−−−−−−−−−−小1/4
・ホットソース−−−−−−−−−1振り
・ハリバットの切り身−−−−−−900g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*グリルから12cmほど離れたところに網棚を設定して、グリルの火をつける。
*渕のあるベーキング皿に油を塗って、ハリバットを並べ、約8分グリルで焼く。
*この間に、パルメザンチーズからホットソースまでの材料をボウルで混ぜ合わせる。
*オーブンからオヒョウを取り出し、トッピングを満遍なく塗ったら、再びグリルに入れて約2分焼く。
*トッピングが泡立ち、少し茶色くなったら出来上がり。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚料理 に参加中!
ハリバットのグリル・野菜炒め添え

ハリバット(オヒョウ)のグリルでは、インド風レリッシュ添えとかシトラス風味のレシピを紹介していますが、今回は千切りにしたいため野菜を添えたものです。何かの雑誌に載っていたレシピです。ペアリングのおすすめには、Sauvignon Blanc が挙がっていました。(4人分)

<ハリバットのグリル・野菜炒め添え>

−材料−

・ハリバットの切り身−−−−−4枚
・海塩(粗目)−−−−−−−−小3/4
・白ワイン−−−−−−−−−−1/2カップ
・オリーブオイル−−−−−−−大1.5
・バルサミコ酢−−−−−−−−大1.5
・タラゴン(粗微塵)−−−−−大1
・ウスターソース−−−−−−−大1
・にんにく(微塵)−−−−−−小2
・ブラウンシュガー−−−−−−小1/2

(野菜炒め)
・バター−−−−−−−−−−−−30g
・マッシュルーム(薄切り)−−−2/3カップ
・人参(千切り)−−−−−−−−1/3カップ
・スナップエンドウ(千切り)−−1/3カップ
・黄パプリカ−−−−−−−−−−1/3カップ
・海塩(粗目)−−−−−−−−−小1/8
・胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/8
・タラゴン(粗微塵)−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ベーキング皿にハリバットを置いて、塩を振り10分ほど置く。
*ボウルにワインからブラウンシュガーまでの混ぜて、オヒョウにかけ、15分置く。
*グリルの火をつけ、マリネ液から出して、5〜7分焼く。
*この間に、スキレットを中火にかけてバターを溶かす。
*野菜炒めの材料をタラゴン以外全て入れて、よく混ぜながら2〜4分炒める。
*大さじ1杯のタラゴンを加えて混ぜたら、焼きあがったハリバットの上にかけて、残りのタラゴンを散らす。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚料理 に参加中!
ハリバットのブラックビーンソース

ハリバットの中華風レシピです。オヒョウがなくても、同様に白いしっかりした身の魚であれば、応用が利きます。ブラックビーンがアクセントになっている、少し甘味を加えたソースをかけていただきます。洋風でさわやかな酸味のソースがお好みでしたら、過去に、レモンケッパーソースレモンバジルソースのレシピも紹介しています。(6人分)

<ハリバットのブラックビーンソース>

−材料−

・ハリバット−−−−−−−−6切れ

(マリネード)

・酒−−−−−−−−−−−−1/3カップ
・生姜(微塵)−−−−−−−大1
・ねぎ(微塵)−−−−−−−大1
・塩−−−−−−−−−−−−小1/2
・ごま油−−−−−−−−−−大2

(ソース)

・チキンストック−−−−−−1カップ
・醤油−−−−−−−−−−−大2
・酒−−−−−−−−−−−−大2
・砂糖−−−−−−−−−−−小1.5
・コーンスターチ−−−−−−小2
・コーン油−−−−−−−−−大1

(シーズニング)

・発酵黒豆−−−−−−−−−大3
・にんにく(微塵)−−−−−大1.5
・ねぎ(微塵)−−−−−−−大3

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ボウルにハリバットを入れる。
*マリネードの材料を混ぜてボウルに加え、全体にまぶしたらラップをかけて室温で20分置く。(途中で数回ひっくり返す。)
*ソースの材料を混ぜておく。
*グリルの火をつけて、熱くなったら魚を並べ、片面5〜6分ずつ焼いたら、個々の皿に取っておく。
*この間に、スキレットに油を熱し、熱くなったらシーズニングを入れて、強火で香りが出るまで10秒ほど炒める。
*混ぜておいたソースを加えて、常にかき回しながら、ソースが濃くなるまで火を通したら、ボウルに移す。
*このソースを焼いた魚にかけ、ねぎを散らしてすぐに出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ