世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:パンプキンスープのレシピ

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
パンプキンスープ・クリーミー

かぼちゃのスープでは、以前にとてもシンプルなパンプキンスープのレシピを紹介しましたが、今回はもう少し手間のかかる作り方です。でもとても美味しくできたので、時間をかける値打ちはあると思います。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<パンプキンスープ・クリーミー>

−材料−

・無塩バター−−−−−−−−−45g
・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−中2個
・ローズマリー(粗微塵)−−−大2
・メープルシロップ−−−−−−大2
・にんにく(粗微塵)−−−−−4かけ
・アップルサイダー−−−−−−1/2カップ
・チキンスープ−−−−−−−−4カップ
・パンプキンピューレ−−−−−840g
・カレーパウダー−−−−−−−小1
・ナツメグ(粉)−−−−−−−小1/2
・クローブ(粉)−−−−−−−1つまみ
・コーシャーソルト−−−−−−小1.5
・黒胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
・ヘビークリーム−−−−−−−1/3カップ
(トッピング)
・無塩バター−−−−−−−−−30g
・セージの葉−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンを中火で熱し、バターを溶かす。
*玉ねぎとローズマリーを入れて、時々混ぜながら、少しキャラメル化するまで、15〜20分くらい炒める。
*メープルシロップとニンニクを加えて、時々混ぜながら、玉ねぎの色が濃くなるまで、3〜5分炒める。
*サイダーを注いで、鍋底から混ぜ、液体が半分になるまで炒める。
*スープから胡椒までの材料を入れて混ぜ、沸騰させたら、火を少し弱めて、時々底から混ぜて約10分煮る。
*これを何回かに分けて、フードプロセッサーでピューレにし、鍋に戻す。
*中火にかけて少しに立ってきたら、火からおろしてクリームを加える。
*塩胡椒で味を整えて、濃度が濃すぎるようなら、スープを加えて調整する。
(好みでトッピングを作る。)
*小さい鍋にバターを溶かし、セージの葉を入れて、カリっとするまで1〜2分揚げる。
*鍋のバターを残したまま、セージをペーパータオルにとって、余分な脂肪を取る。
*スープをボウルに注いだら、それぞれ2枚のセージの葉を浮かべ、鍋に残ったバターを垂らすか、余分なクリームを落として出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
アップル・パンプキンスープ(ハム入り)

アメリカのかぼちゃは、はっきり言って、あまりおいしくありません。日本の栗かぼちゃが手に入るときはいいのですが、ないときは冷凍かぼちゃを使ってもできるパンプキンスープの作り方を紹介します。むしろ今日のレシピでは、ピュレーにして使うので、冷凍物を解凍した方が手早く作れます。りんごもたくさん使います。スープの濃度は、ストックの量で調整してください。ハムも入っているので、これだけでもブランチになったりしますが、ベジタリアンの方は、ハムを省略されてもいいかと思います。(4人分)

<アップル・パンプキンスープ(ハム入り)>

―材料―

   ・オリーブオイルーーーーーーーーーー小1
   ・バターーーーーーーーーーーーーー小1
   ・玉ねぎ(微塵)ーーーーーーーーー1個
   ・りんご(小口切り)ーーーーーーーー2カップ
   ・タイムの葉ーーーーーーーーーーー小1
   ・野菜または鶏のスープーーーーーー3〜4カップ
   ・かぼちゃのピュレーーーーーーーーー4カップ
   ・ハムの燻製(小口切り)ーーーーー1カップ
   ・塩コショウーーーーーーーーーーーー適量
   ・サワークリームーーーーーーーーーー大4
   ・パセリーーーーーーーーーーーーーー4本

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

―作り方―

*ソースパンにバターを熱し、玉ねぎ、りんご、タイムを炒める。
*野菜が色づき柔らかくなったら、かぼちゃを入れて混ぜる。
*スープストックとハムを入れて、沸騰しないように煮る。
*塩コショウで味付けして、サワークリームとパセリで飾って出す。

おいしく作れますように!


野田琺瑯の16cmのソースパン。フタが付いて使いやすい。月兎印 ソースパン16cm


アピルコ(APILCO) ライオンヘッド スープボウル (ソーサー付) 250ml
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ