世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:七面鳥のレシピ

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
ターキーのリークとピーカンの詰め物

リークとピーカンの詰め物


ターキーのスタッフィングもいろいろ作ってきましたが、定番のクルトン以外のレシピを紹介します。今回はリークとピーカンがたっぷり入って、パン粉と混ぜ合わせるものです。パン粉は全粒粉を使いました。ターキーは冷凍で買う場合、冷蔵庫で解凍する日数を逆算して余裕をもって購入する必要があるし、取り扱いの注意事項もあるので、そのあたりの基本の部分は以前に載せた、ターキークッキング・基本のキ・保存版を参考にしてください。

<ターキーのリークとピーカンの詰め物>

―材料―

   ・ターキー−−−−−−−−−−−約3.5
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−半カップ
   ・人参(微塵)−−−−−−−−−大1本
   ・マージョラム(乾燥)−−−−−大1と小1
   ・タイム(乾燥)−−−−−−−−小1/4
   ・ローリエの葉−−−−−−−−−1枚
   ・パセリ−−−−−−−−−−−−6本
   ・チキンスープ−−−−−−−−−3カップ
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   
   ・バター−−−−−−−−−−−−170g
   ・リーク(白い部分薄切り)−−−10本
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−6カップ
   ・ピーカン(トースト)−−−−−2カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−1カップ
   
   ・生クリーム−−−−−−−−−−半カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*ターキーをよく洗って、水けをふいておく。
*ソースパンにオリーブオイルを熱して、刻んだ臓物を炒める。
*玉ねぎ、にんじんと、マージョラム小さじ1と加える。
*火を弱めて蓋をし、野菜が柔らかくなるまで約25分火を通す。
*蓋を取ってタイムからチキンスープまでの材料を加え、塩胡椒して沸騰させる。
*火を弱めて、蓋をずらして45分煮たら、ストレーナーにスープを取り、具材は捨てる。
*スキレットにバターを溶かし、リークを入れて蓋をし、弱火で30分蒸す。
*これにパン粉、ピーカン、パセリとマージョラム大さじ1を混ぜる。
*少しの塩と胡椒を多めに入れて混ぜる。
*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*これをターキーに詰めてタコ糸で縛り、ローストパンに載せる。
*オーブンに入れて約3時間焼く。(時々下にたまった汁をかける。)
(残りの詰め物は、キャセロールに入れて30分ほど焼くといい。)
*焼けたら取り出してホイルをかけておく。
*ローストパンの余分な油を除いたら、取っておいたストックとクリームを注いで中火にかける。
*沸騰したら火を弱めて、3分の1量になるまで煮詰め、塩胡椒で味を調整する。
*七面鳥の詰め物を出して皿に載せ、ターキーを飾って、ソースと一緒に出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ターキー胸肉・ブリ―とバジルの詰め物


ターキーのレシピ、最近は小さめのブレストばかり調理しています。やはり家族数が少なくなると、残り物の処理に困るので仕方ないですね。白身より赤身のほうが好きだと物足りなくなるのですが、今回は胸肉の、更に切り身を使って詰め物をするレシピになります。二人だけだと、スタッフィングもたくさん余ってしまうので、初めからこの程度の詰め物で満足することにしました。切り身だと火の通りも早いので、何時間も調理しなくていいのも助かります。(6〜8人分)

<ターキー胸肉・ブリ―とバジルの詰め物>

―材料―

   ・七面鳥胸肉の切り身−−−−−680gを2本
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−小1
   ・黒胡椒―−−−−−−−−−−−−適量
   ・ブリ―チーズ(薄切り)−−−−−225g
   ・バジルの葉−−−−−−−−−−−20枚
   ・プロシュート(薄切り)−−−−−90g

―作り方―


*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*胸肉の各々のブロックに縦に中ほどまで切り目を入れ観音開きにする。
*塩胡椒をしてから、チーズとバジルをそれぞれ平均して並べる。
*胸肉を巻き上げたら、それぞれをプロシュートで包み、タコ糸で縛る。
*ローストパンにターキーブレストを置いて、オーブンで35〜45分焼く。
*取り出した後10分ほどしてから切り分ける。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
栗の詰め物をしたターキーブレスト


ターキーの季節ですね。もう何年も二人用のサンクスギビングディナーになっているので、今回も胸肉を使ったレシピを紹介します。スタッフィングのメインは豚挽肉と栗です。前回紹介した、「詰め物をした七面鳥胸肉のレシピ」では、塩胡椒して一晩置きましたが、今回はブラインといって、一晩甘塩水につけてから調理します。こうすることで、乾燥しがちな胸肉が軟らかく仕上がります。漬ける時間があるので、前もって計画を立てて準備してください。でも、実際にオーブンで焼く時間は縮小されるので当日は楽になります。我が家はこれでも量が多いので、半量のターキーブレスト1本分を調理しました。オリジナルレシピでは、添え物として、更にたくさんの栗をバター炒めして並べることになっていたのですが、主人はあまり栗を食べないし、私は焼き栗のまま食べる方が好きなので、省略しました。もっと豪華にしたい方は、周りの栗もご用意ください。(8人分)

<栗の詰め物をしたターキーブレスト>

―材料―

(ブライン)
・塩−−−−−−−−−−−−−−−1/2カップ
・砂糖−−−−−−−−−−−−−−1/4カップ
・白ワイン(甘目)−−−−−−−−1/4カップ
・皮付ターキー胸肉−−−−−−−−450gを2本
(スタッフィング)
・パン粉(生)−−−−−−−−−−大2
・生クリーム−−−−−−−−−−−1/4カップ
・チキンストック−−−−−−−−−1カップ
・焼き栗−−−−−−−−−−−−−1/2カップ
・ブランデー−−−−−−−−−−−大1
・月桂樹の葉−−−−−−−−−−−2枚
・塩−−−−−−−−−−−−−−−小1
・マスタードシード−−−−−−−−小1
・オールスパイス(全粒)−−−−−1個
・クローブ(全粒)−−−−−−−−1個
・ペパーコーン(白)−−−−−−−小3/4
・豚挽肉−−−−−−−−−−−−−450g
・タイム(微塵)−−−−−−−−−大1
・メイス(粉)−−−−−−−−−−小1/8
・ナツメグ(粉)−−−−−−−−−小1/8
(飾り))
・タイムの茎−−−−−−−−−−−4本

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

(ブライン)
*ターキーが入る大きい鍋に16カップの水を入れ、塩と砂糖を加えて沸騰させる。
*冷ましてからワインを注いでターキーを入れ、10〜12時間冷蔵する。
(大きい鍋がない時は、ブラインを用意してから、封のできる大きなビニール袋に注ぎターキーを入れる。)
*時間が経ったら、七面鳥の水気を切り、室温で1時間おく。

(スタッフィング)
*ボウルにパン粉と生クリームを入れて20分置く。
*ソースパンにチキンストック、栗、ブランデー、月桂樹の葉と一つまみの塩を入れて、弱火で煮る。
*液体が半量になるまで、約12〜15分煮たら、ローリエを捨てた後、冷やす。
*4種類のスパイスをスキレットに入れて、弱火ではじけるまで4分ほど火にかけた後、冷ます。
*これをごますりでペースト状にする。
*豚挽肉と、タイム、粒のスパイスとペースト状にしたスパイスに、パン粉と小さじ1の塩をボウルで混ぜる。
*これに、煮て冷ました栗を粗微塵にして、スープと一緒に混ぜる。

(仕上げ)
*オーブンを200℃(華氏400度)に温めておく。
*ターキーブレストの皮を上にしてまな板の上に置く。(1本ずつ行う。)
*包丁で横から平行に深い切込みを入れ、後1.5cm位の所で止め、観音開きにする。
*端から2cm位を残してスタッフィングの半量を広げる。
*胸肉を元の形に戻して、2〜3cm間隔でタコ糸で縛っていく。
*もう1本も同様にする。
*ローストパンの網の上に七面鳥を並べ、1カップの水を注ぐ。
*温度計を突き刺し、肉の温度が71℃(華氏160度)になるまで、約1〜1.5時間焼く。
*10分ほど置いてから切り、タイムの茎を飾って出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ