世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:前菜のレシピ

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
フライドピクルス・ランチドレッシング添え

フライドピクルスのレシピです。今回初めて家で作ってみたのですが、アメリカ南部の州では、結構一般的みたいです。普段のサンドイッチにも、主人はペパロンシーニを好むので、瓶入りを買ったこともなく、このレシピを試すために購入したので、残りをどうするかが困ったものです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(6人分)

<フライドピクルス・ランチドレッシング添え>

−材料−

・ブレッド&バターピクルス−−48枚
・マヨネーズ−−−−−−−−−1/2カップ
・ディル(微塵)−−−−−−−大3
・チャイブ(微塵)−−−−−−大3
・ガーリックソルト−−−−−−小1/2
・オニオンパウダー−−−−−−小1/4
・バターミルク−−−−−−−−1カップ
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・カノーラ油−−−−−−−−−3カップ
・小麦粉−−−−−−−−−−−3/4カップ
・ホットソース−−−−−−−−大3
・イタリアン風味のパン粉−−−1と1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ベーキング皿にペーパータオルを敷いておく。
*40枚くらいのピクルスチップを重ならないようにして並べ、別のペーパータオルをかけて、そっと押して水気を取る。
*残り8枚のピクルスを微塵切りにして小さいボウルに入れる。
*これに、マヨネーズからオニオンパウダーまでの材料と、1/3カップのバターミルクを混ぜて、ランチドレッシングを作っておく。
*ソースパンに油を入れて中強火で5分ほど熱し、190度(華氏375度)くらいまで温める。
*別のベーキング皿にペータオルを敷いておく。
*ボウルに、小麦粉と小さじ各2杯の塩と胡椒を混ぜる。
*別のボウルに、残り2/3カップのバターミルクとホットソースを混ぜる。
*大きくて平たい容器にパン粉を入れておく。
*10枚くらいのピクルスを最初の粉のボウルに入れて絡めたら、バターミルクのボウルに移す。
*全体に液体を付けたら、パン粉の容器に移してひっくり返しながら、全体にまぶして、皿に取る。
*これを熱くなった油に落して、30秒ほどしたらひっくり返し、軽く色づくまで、もう30秒ほど揚げる。
*ペーパータオルの上に取って、残りも同様に揚げていく。
*ランチドレッシングを添えて、すぐに出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
クラブディップ・オールドベイ味

オードブル代わりに、温かいクラブディップのレシピです。万能シーズニングの、オールドベイを味付けに使っています。ディップするのは、クラッカー以外にも胡瓜とか、好みの材料を用意の上、ホリデー・ブレイクに、ディナーを待つ間、召し上がってください。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<クラブ・ディップソース>

−材料−

・無塩バター−−−−−−−−−−適量
・蟹の身−−−−−−−−−−−−230g
・クリームチーズ(室温)−−−−115g
・パルメザンチーズ(おろす)−−半カップ
・マヨネーズ−−−−−−−−−−大3
・レモンピール−−−−−−−−−小1/2
・レモンジュース−−−−−−−−大2
・ねぎ(微塵)−−−−−−−−−1本
・オールドベイシーズニング−−−小3/4
・コーシャーソルト−−−−−−−小1/2
・リッツクラッカー−−−−−−−7枚
・クラッカーその他−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*2カップほど入るベーキング皿もしくは、オーブンに入れられる鍋にバターを塗っておく。
*ボウルに、蟹とクリームチーズ、1/4カップのパルメザンと、マヨネーズから塩までの材料を、よく混ぜ合わせる。
*これを用意した皿か鍋に入れ、表面をならす。
*小さいボウルに、残りのパルメザンチーズと、砕いたリッツクラッカーを混ぜて、上に散らす。
*オーブンに入れて、表面が黄金色になるまで、約25分焼く。
*上から少しオールドベイシーズニングを振りかけ、余分なネギがあれば散らして、熱い内にクラッカーと一緒に出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
豆腐レシピ に参加中!
豆腐の豚挽肉詰め


豆腐を使った中華風オードブルです。2.5cm角ぐらいの木綿豆腐をくり抜くので、ちょっと乱暴に扱うと壊れてしまいます。私はガラス瓶の底をすくうための細長いスプーンを持っていたので、抜きやすかったです。豚挽肉は脂肪分の少ないものを使います。フィリングが余ったので、後日マッシュルームに詰めて焼きました。(4〜6人分)

<豆腐の豚挽肉詰め>

−材料−

   ・木綿豆腐−−−−−−−−−−1パック
   ・豚挽肉−−−−−−−−−−−115g
   ・にんにく(おろす)−−−−−3かけ
   ・ねぎ(微塵)−−−−−−−−大2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−大2
   ・塩−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・白胡椒−−−−−−−−−−−小1
   ・コーンスターチ−−−−−−−大1
   ・卵−−−−−−−−−−−−−1個
   ・サラダ油−−−−−−−−−−2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*豆腐を2.5cm角に切り分け、真ん中をくり抜いておく。
*ボウルにくり抜いた豆腐と、豚肉から卵までの材料を混ぜる。
*これを豆腐の穴に詰め込む。
*油で揚げたら、ペーパータオルに取る。
*好みの甘酢ソースと一緒に出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ