世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:海老のソテーレシピ

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
海老のソテー・アジア風


海老の前菜レシピです。しっかり味の付くマリネ液なので、ライトをお好みの方は、塩を減らすか、マリネする時間を少なくするかして調整してみてください。(4人分)

<海老のソテー・アジア風>

―材料―

   ・ごま油−−−−−−−−−−−−大2
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−大2
   ・ブラックニング(粉)−−−−−小1/2
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・タバスコ−−−−−−−−−−−小1/4
   ・海老(大)−−−−−−−−−−450g
   ・ドライシェリー−−−−−−−−2/3カップ
   ・胡麻(トースト)−−−−−−−大1
   ・レタス−−−−−−−−−−−−半玉
   ・ねぎ(微塵)−−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*海老は皮をむき、背綿を取って、好みで蝶開きにしておく。
*ボウルに、ごま油からタバスコまでのマリネ液の材料を混ぜて、海老を加える。
*よく混ぜ合わせて、1時間冷蔵する。
*スキレットを中火で熱し、海老を入れて、約3分常に混ぜながら炒める。
*シェリーを注ぎ、鍋底をこそげるようにして混ぜ、ほぼ蒸発するまで火を通す。
*刻みレタスを皿に載せ、海老を並べて、ゴマとねぎを散らす。

LD logo medium




このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
海老のガーリックソテー


海老のガーリックソテーのレシピです。とても簡単にできます。好みでくし形に切ったレモンを添えてもいいですね。(4人分)

<海老のガーリックソテー>

―材料―

   ・オリーブオイル−−−−−−−−大3
   ・海老(大)−−−−−−−−−−450g
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・レッドペパーフレーク−−−−−1つまみ
   ・ガーリック(微塵)−−−−−−大4かけ
   ・ドライシェリー−−−−−−−−1/3カップ
   ・レモンジュース−−−−−−−−小2
   ・無塩バター−−−−−−−−−−大1
   ・スイートパプリカ−−−−−−−小1/4
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*エビは殻をむき背ワタを取っておく。
*スキレットを中強火で温め、オリーブオイルを入れる。
*海老を重ならないように入れて入れ、動かさないで1分半ほど火を通す。
*塩、レッドペパーフレークとニンニクを加えたら、海老をひっくり返して更に1分ほど火を通す。
*皿に移してホイルをかぶせ、温めておく。
*シェリーを注いで、鍋底をこそげながら、液体が半量になるまで1,2分煮る。
*レモンジュースと、皿に取った海老の汁を加えたら、火からおろす。
*バターとパプリカを入れてクリーミィーになるまで混ぜる。
*このソースを海老にかけ、パセリを振りかけてすぐに出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
海老のソテー・ギリシャ風


海老のソテーのレシピでは、かなり前にガーリックレモン和えのレシピを紹介しました。今回は、ギリシャ風なので、パプリカやトマト、フェタチーズなどを使います。元レシピでは、Ouzoというギリシャのリキュールや、Pernodというフランスのリキュールを使うようになっていたのですが、どちらもアニスシード風味で、一瓶買っても少ししか使いそうにないので、私はウォッカを代用しました。アニスの香りが好きな方は、元通りのリキュールでお試しください。America's Test Kitchenに載っていたレシピです。(4〜6人分)

<海老のソテー・ギリシャ風>

―材料―

   ・海老−−−−−−−−−−−−−−680g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大4
   ・ウォッカ−−−−−−−−−−−−大3
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−小5
   ・レモンピール−−−−−−−−−−小1
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
   ・玉ねぎ(さいの目切り)−−−−−3/4カップ
   ・赤パプリカ(さいの目)−−−−−1/2カップ
   ・緑パプリカ(さいの目)−−−−−1/2カップ
   ・レッドペパーフレーク−−−−−−小1/2
   ・トマトの缶詰(小口切り)−−−−790g
   ・白ワイン−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・パセリ(粗微塵)−−−−−−−−大2
   ・フェタチーズ−−−−−−−−−−1.5カップ
   ・ディル(微塵)−−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*海老の尻尾を残して皮をむき、背綿を取ってボウルに入れる。
*これに大1のオイル、大1のウォッカ、小1のにんにく、レモンピールと小1/4の塩、小1/8の胡椒を混ぜておく。
*スキレットに大2のオイルを中火で熱して、玉ねぎとパプリカに小1/4の塩を入れる。
*蓋をして、時々混ぜながら、3〜5分蒸し煮にする。
*蓋を取って、時々混ぜながら、野菜が軟らかくなるまで更に5分ほど炒める。
*残りのにんにくとレッドペパーフレークを加えて、1分ほど香りを出す。
*トマトの缶詰のトマトと、汁の3分の1カップとワインに残りのウォッカを加えて、火を少し強めて煮る。
*火を少し弱めて時々混ぜながら、ソースが濃くなるまで5〜8分煮る。
*パセリを入れて、塩胡椒で味を調整する。
*火を少し弱めて、マリネしておいた海老を汁とともに鍋に加え、よく混ぜる。
*蓋をして時々混ぜながら、海老に火が通るまで、大きさによって6〜11分ほど煮る。
*火からおろして、フェタチーズを崩したものを混ぜ入れる。
*残りのオイルを万遍なく垂らして、ディルを振りかけてすぐに出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ