世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:海老のレシピ

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
シュリンププラタン・クリスピー

シュリンプグラタンのレシピです。と言っても、グラタン皿で焼くのではなく、ベーキングシートに広げて焼きます。だから、普通の軟らかい仕上がりのグラタンではなく、表面はパン粉やチーズでカリカリして、スナックを食べているような感じです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4人分)

<シュリンププラタン・クリスピー>

−材料−

・海老−−−−−−−−−−−−230g
・ズッキーニ(薄切り)−−−−中1本
・しいたけ(薄切り)−−−−−100g
・シャロット(薄切り)−−−−大1個
・にんにく(おろす)−−−−−大2かけ
・スイートパプリカ−−−−−−小1
・レッドペッパーフレーク−−−小1/2
・エルブ・ド・プロヴァンス−−小3/4
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・オリーブオイル−−−−−−−大3
・パン粉−−−−−−−−−−−1カップ
・ヘビークリーム−−−−−−−1/2カップ
・モッツァレラチーズ−−−−−1/2カップ
・グリュイエールチーズ−−−−1/4カップ
・レモン(くし形)−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを220度(華氏425度)に温めておく。
*海老の皮をむき背ワタを取って、1.5cmくらいに切っておく。
*ボウルに、海老からレッドペッパーまでの材料と、小さじ半分のエルブドプロヴァンス、小さじ3/4の塩、小さじ半分の胡椒と大さじ1の油をよく混ぜ合わせる。
*これを長方形の淵のあるシートパンに薄く広げる。
*カラになったボウルにパン粉と1つまみの塩を入れ、残り大さじ2の油と小さじ1/4のプロヴァンスを加えて混ぜる。
*ヘビークリームを満遍なくシートパンにかけたら、パン粉の混ぜ物を全体に散らす。
*上から細切りにしたモッツァレラと、おろしたグリュイエールを散らす。
*オーブンで、クリームが泡立ち、トッピングが軽く色づくまで、10〜15分焼く。
*取り出したら5分ほど休ませてから、レモン汁をかけられるように、くし形に切った物を添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
今夜のおかずにもう一品 に参加中!
コーンと海老のベニエ

コーンの揚げ物では、以前にコーンのフリッターを紹介しましたが、今回は海老も入れて作るベニエのレシピになります。この前はフリッターなので、フライパンに生地を広げて円盤状に焼きましたが、この度はベニエなので油の中に落として揚げます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(約24個分)

<コーンと海老のベニエ>

−材料−

・揚げ油−−−−−−−−−−−適量
・小麦粉−−−−−−−−−−−2カップ
・カイエンペッパー−−−−−−小1/2
・ベーキングパウダー−−−−−小1
・重曹−−−−−−−−−−−−小1/4
・コーシャーソルト−−−−−−小3/4
・レモン−−−−−−−−−−−1個
・チャイブ(薄切り)−−−−−1/4カップ
・とうもろこしの身−−−−−−1カップ
・海老−−−−−−−−−−−−170g
・炭酸水−−−−−−−−−1と1/4カップ
・サワークリーム−−−−−−−1/4カップ
・チリソース(好みで)−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*網の上にペーパータオルを敷いておき、鍋に5cmほど油を入れて熱する。
*ボウルに粉類を混ぜて、レモンの皮をおろして入れる。
*レモンはくし形に切っておき、海老は殻をむいて背ワタを取り、粗く切っておく。
*粉のボウルに、チャイブ、コーン、海老を入れて混ぜ合わせる。
*炭酸水を加えて混ぜたら、サワークリームを入れてさっくり混ぜる。
*揚げ油の温度が180度(華氏350度)になったら、大さじ1杯ほどの生地をすくって、鍋に落としていく。
*一度に詰め込まないで、頻繁にひっくり返しながら、黄金色になるまで約5分揚げる。
*揚がったら、ペーパータオルの上に取り、残りの生地も同様に揚げていく。
*温かい内に、レモンと、好みでチリソースを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
海老とトマトの炒め物

海老の炒め物レシピです。できるだけ大きい海老が良いです。スパイスミックスは、例えば、ガラムマサラやファイブスパイス、カレーパウダーやチリパウダーなど、お好みで組み合わせてください。私は赤いトマトしかなかったのですが、海老が赤みがかっているので、できれば黄色のミニトマトのほうが映えます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(2〜3人分)

<海老とトマトの炒め物>

ー材料ー

・スパイスミックス−−−−−小1.5
・生姜(おろす)−−−−−−小1.5
・にんにく(微塵)−−−−−2かけ
・ねぎ(薄切り)−−−−−−3本
・コーシャーソルト−−−−−小3/4
・黒胡椒−−−−−−−−−−小1/4
・海老(大)−−−−−−−−450g
・オリーブオイル−−−−−−大1
・チェリートマト−−−−−−3/4カップ
・無塩バター−−−−−−−−30g
・ライムジュース−−−−−−適量
・ミントの葉−−−−−−−−3/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ボウルに、スパイスミックス、生姜、にんにく、ネギの白い部分、塩小さじ1/2と胡椒小さじ1/4を混ぜる。
*殻をむいて背ワタを取った海老を加えてよく混ぜる。
*大きいスキレットを強火で熱して油を入れ、トマトと、塩小さじ1/4を入れる。
*トマトの皮が破れるくらいまで、約2分炒める。
*ボウルの海老の混ぜ物を加えて、ひっくり返しながら、更に2〜4分炒める。
*バターをそっと入れて1分ほど炒め、海老に完全に火が通ったら、火からおろしてライムジュースを絞り入れる。
*塩とスパイスで味を調整し、ネギの緑の部分とミントの葉を飾ってすぐに出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ