世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:豚肉料理のレシピ

ブログネタ
豚肉のレシピ に参加中!
ポークチョップのアップルサイダー漬け

ポークチョップのレシピです。以前にりんごのソテーを添えたアップルサイダーソースかけのレシピを紹介しましたが、今回はアップルサイダーに長時間漬け込んでから調理するので、前もって準備が必要です。豚肉は、3cm以上の厚みのある物を選んでくださいね。私は以前に作り置きしていたキャラメリゼのオニオンがあったので、それを使いました。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<ポークチョップのアップルサイダー漬け>

−材料−

・コーシャソルト−−−−−−−−大8
・黒胡椒−−−−−−−−−−−−大2
・アップルサイダー−−−−−−−4カップ
・ポークチョップ(骨付き)−−−6枚
・オリーブオイル−−−−−−−−大6

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいボウルに8カップの温水を入れ、コーシャソルトを溶かす。
*胡椒を加え、アップルサイダーを注いで混ぜる。
*ポークチョップを入れて、十分漬かるだけのアップルサイダーを足す。
*カバーをかけて、最低8時間から72時間まで冷蔵する。
*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*塩水から豚肉を取り出したら、ペーパータオルで水気を拭き取る。
*オリーブオイル大さじ2杯の油を塗って、塩胡椒を十分する。
*オーブンに入れてもよいスキレットに残りのオイルを入れて、片面4分ずつポークに焼き色を付ける。
*スキレットをオーブンに入れて、6〜8分焼いたら、温かい皿に取り出す。
*ホイルをかけて約10分置く。
*カラメリゼした玉ねぎと林檎を添えて、ボルドレーズソースに似たソースをかけて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
豚肉のレシピ に参加中!
豚ヒレ肉のロースト・スパイシーオレンジポートソース添え

ポークテンダーロインのローストレシピです。豚ヒレ肉はよく使っていますが、今回は、濃厚なルビーポートにオレンジジュースとスパイシーなチリを加えたマリネ液に漬けおき、ローストする間のグレーズに使います。焼いている間に出た肉汁にストックを足して、最後のソースを仕上げていくので、旨味が詰まったソースが楽しめます♪ 私はピノノワールワインでいただきましたが、メルローも合うと思います。オレンジは普通のバレンシアタイプでもいいのですが、あればブラッドオレンジがいいです。今日のレシピは、"the Wine Lover" に載っていました。(6人分)

<豚ヒレ肉のロースト・スパイシーオレンジポートソース添え>

−材料−

・オレンジの皮−−−−−−−−小5個分
・オレンジジュース−−−−−−1カップ
・シャロット(微塵)−−−−−1個
・タイム(微塵)−−−−−−−大3/4
・ルビーポート−−−−−−−−1/3カップ
・バルサミコ酢−−−−−−−−大1
・チポトレチリ(アドボソース漬)−−1個
・オリーブオイル−−−−−−−大3
・コーシャソルト−−−−−−−小3/4
・豚ヒレ肉−−−−−−−−−−1125g
・チキンストック−−−−−−−1/3カップ
・コーンスターチ−−−−−−−小1/4
・冷水−−−−−−−−−−−−小1/4
・タイムの茎−−−−−−−−−適量
・オレンジスライス−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいボウルに、大さじ1杯のオレンジピールを除いた皮と、3/4カップのオレンジジュース、シャロット、タイム、1/3カップのポート、酢、アドボソースは別に取っておいて、水気を切って微塵切りにしたチポトレチリ、大さじ1杯半のオイル、塩を入れてよく混ぜる。
*これをベーキング皿に入れて、豚ヒレ肉を入れ、全面に汁を付ける。
*カバーをかけて、最低1時間から最高2時間まで冷蔵する。(途中で一度ひっくり返す。)
*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*テンダーロインをマリネ液から取り出して、水気を切り、液は取っておく。
*大きいスキレットを中強火で熱し、残り大さじ1杯半の油を入れて、豚肉全面に2〜3分で焼き色を付ける。
*注意をして、マリネ液を鍋に加えたら、オーブンに入れて、中ほどがほんのりピンク色になるまで、10〜12分焼く。
*ポークを皿に移してホイルをゆるくかけておく。
*同じ鍋に、大さじ3杯のポートワイン、ストック、残り1/4カップのオレンジジュースと、冷水で溶かしたコーンスターチを入れる。
*鍋を再び火にかけ、液体を煮詰めたら、ストレーナーで、固形物を取り除き、味の調整をする。
*豚ヒレ肉を食べやすい大きさに切り分けたら、温めておいた皿にもりわける。
*残り大さじ1杯のオレンジの皮を散らして、タイムやオレンジスライスを飾って出す。

LD logo medium




このエントリーをはてなブックマークに追加

ミートボールの生姜風味

アジア風ミートボールのレシピです。生姜やニンニクの風味を利かし、フィッシュソースで味付け。つなぎには、パン粉の代わりにリッツクラッカーを砕いて混ぜます。ここにも隠し味が生かせます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで、手早く作れて、美味しくできました♪(4人分)

<ミートボールの生姜風味>

−材料−

・生姜(微塵)−−−−−−−大2
・にんにく(微塵)−−−−−大1
・フィッシュソース−−−−−大1
・黒胡椒−−−−−−−−−−小1
・コーシャソルト−−−−−−小1/2
・リッツクラッカー−−−−−1/2カップ
・豚挽肉−−−−−−−−−−450g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを215度(華氏425度)に温めておく。
*リッツクラッカーはつぶしておく。
*大きいボウルに、全ての材料を混ぜて、ゴルフボールのサイズくらいに丸めていく。
*淵のあるベーキング皿に油を塗って、ミートボールを置いていく。
*オーブンで約15分焼いて、温かい内に出す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ