世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:野菜料理のレシピ

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
ポテトとインゲンのサラダ・卵添え

ポテトサラダも数多く作ってきました。以前に、ポテトとインゲンとトマトのサラダのレシピを紹介しましたが、今回は、ポテトとインゲンにゆで卵を加味したサラダになります。とても美味しくできました♪ じゃがいもは、中くらいの果肉が黄色い物を使うといいです。アンチョビーを外せば、(ラクト・)オボ・ベジタリアンなら、これだけでメインディッシュになりますね。ベジタリアンの種類については、アメリカのベジタリアンで解説していますので、よかったら参考になさってください。なお、今日のレシピは、ニューヨークタイムズに載っていました。元レシピは、フレンチスタイルになっていたので、細身のインゲンがいいのですが、なければ普通のものでもいいでしょう。余分なアンチョビーを飾ったり、ルッコラを添えるのもオプションになっていました。(4〜6人分)

<ポテトとインゲンのサラダ・卵添え>

−材料−

・ポテト(中)−−−−−−−−900g
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・ローリエ−−−−−−−−−−1枚
・タイムの茎−−−−−−−−−1本
・にんにく−−−−−−−−−−3かけ
・アンチョビー(粗微塵)−−−大1
。ケイパー(粗微塵)−−−−−大1
・ディジョンマスタード−−−−小2
・白ワイン酢−−−−−−−−−大4
・オリーブオイル−−−−−−−1/3カップ
・インゲン−−−−−−−−−−450g
・卵−−−−−−−−−−−−−大4個
・チャイブ(薄切り)−−−−−大1
・パセリ(粗微塵)−−−−−−大2
・バジル(粗微塵)−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きい鍋に塩を入れた水を沸騰させて、ジャガイモとローリエとタイムを入れる。
*簡単に串が通るまで約30分煮たら、取り出して少し冷ます。
*この間に、小さいボウルに、押しつぶして少し塩を加えたニンニクと、アンチョビーからワインビネガーまでの材料を入れて混ぜる。
*ゆっくりとオリーブオイルを注いで、塩胡椒を加えてドレッシングを作る。
*ポテトが少し冷めたら、皮を除いて、5mmくらいの厚さに切る。
*これをボウルに入れて、塩胡椒し、ドレッシングの半量を加えてよく絡ませ、カバーをかけて室温で置いておく。
*インゲンのひげを取り、塩水で、少し軟らかくなるまで3〜4分茹でたら、流水にさらした後、水気をふいておく。
*卵の黄身が少し軟らかい程度に、8〜9分茹でた直後冷水にとり、皮をむいて半分に切り、軽く塩胡椒しておく。(私は4つ切りにしました。)
*食べる直前に、インゲンに塩胡椒して、残りのドレッシングを絡める。
*インゲンとポテトをさっくり混ぜて皿に載せ、ハーブ類を散らして、ゆで卵を飾って出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
ポテトのロースト・にんにく風味

ローストポテトのレシピです。ニンニクをつぶして使い、チキンストックと一緒にローストの最後に加えることで、じゃがいもに深い味わいを付けることができます。もっと簡単に、基本のオイルと塩胡椒で焼くレシピは、以前にローストポテトの輪切りで紹介していますので、参考になさってください。(4人分)

<ポテトのロースト・にんにく風味>

−材料−

・サラダ油−−−−−−−−−−−大2
・バター−−−−−−−−−−−−30g
・じゃがいも−−−−−−−−−−900g
・ローズマリー(微塵)−−−−−小2
・塩−−−−−−−−−−−−−−小3/4
・チキンストック−−−−−−−−1カップ
・にんにく(つぶす)−−−−−−4かけ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを260度(華氏500度)に温めておく。
*ジャガイモの皮をむき、2cmくらいの厚さの輪切りにしておく。
*小さい鍋を弱火で温め、油とバターを溶かす。
*淵のあるベーキング皿に、ポテトと溶かしバターオイルを混ぜ、重ならないようにして並べる。
*オーブンで15分ローストしたら、ひっくり返して、また15分ローストする。
*注意して、ストックとニンニクを加え、更に15分ローストする。
*盛り皿に並べたら、ベーキング皿に残った汁を上から垂らして出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
クリスマスのレシピ に参加中!
インゲンのシャロットソテー添え
インゲンとシャロットの組み合わせは、以前に、インゲンとシャロットのソテーのレシピを載せていますが、今回は一緒に炒めるのではなく、インゲンはさっとゆでておいて、シャロットをワインでソテーして載せるというやり方です。クリスマスディナーにはよく登場するグリーンビーンズですが、定番のフライドオニオンを載せたキャセロールに代わって、ちょっとあっさり気味のソテーです。"Cook's Illustrated" に載っていたレシピになります。(4〜6人分)

<インゲンのシャロットソテー添え>

−材料−

・食塩−−−−−−−−−−−−−小1
・インゲン−−−−−−−−−−−450g
・無塩バター−−−−−−−−−−60g
・シャロット(薄切り)−−−−−2カップ
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
・ドライバーモス−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ソースパンに水をたっぷり入れて強火で沸騰させる。
*塩を加えて、両端を摘み取ったインゲンを入れたら、再び沸騰させ、鮮やかな緑色になるまで3〜4分煮る。
*この間に、ボウルに氷水を用意しておき、ゆであがったグリーンビーンズを入れたら、常温になるまで待って水気を切り、ペーパータオルでふく。
*小さいスキレットに、中火でバター30gを溶かし、泡立ってきたらシャロットを加える。
*よく混ぜながら、黄金色になり香りが出るまで、約10分炒めたら火からおろす。
*大きいスキレットを強火で温め、1/4カップの水とインゲンを入れて熱し、1〜2分よく混ぜて温め直したら、塩胡椒で味付けして皿に並べる。
*シャロットの鍋を再び火にかけ、バーモスを入れて熱したら、残り30gのバターを半量ずつ加えて、塩胡椒で味付ける。
*これをグリーンビーンズの上に載せてすぐに出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ