世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:野菜料理のレシピ

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
ポテトのロースト・にんにく風味

ローストポテトのレシピです。ニンニクをつぶして使い、チキンストックと一緒にローストの最後に加えることで、じゃがいもに深い味わいを付けることができます。もっと簡単に、基本のオイルと塩胡椒で焼くレシピは、以前にローストポテトの輪切りで紹介していますので、参考になさってください。(4人分)

<ポテトのロースト・にんにく風味>

−材料−

・サラダ油−−−−−−−−−−−大2
・バター−−−−−−−−−−−−30g
・じゃがいも−−−−−−−−−−900g
・ローズマリー(微塵)−−−−−小2
・塩−−−−−−−−−−−−−−小3/4
・チキンストック−−−−−−−−1カップ
・にんにく(つぶす)−−−−−−4かけ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを260度(華氏500度)に温めておく。
*ジャガイモの皮をむき、2cmくらいの厚さの輪切りにしておく。
*小さい鍋を弱火で温め、油とバターを溶かす。
*淵のあるベーキング皿に、ポテトと溶かしバターオイルを混ぜ、重ならないようにして並べる。
*オーブンで15分ローストしたら、ひっくり返して、また15分ローストする。
*注意して、ストックとニンニクを加え、更に15分ローストする。
*盛り皿に並べたら、ベーキング皿に残った汁を上から垂らして出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
クリスマスのレシピ に参加中!
インゲンのシャロットソテー添え
インゲンとシャロットの組み合わせは、以前に、インゲンとシャロットのソテーのレシピを載せていますが、今回は一緒に炒めるのではなく、インゲンはさっとゆでておいて、シャロットをワインでソテーして載せるというやり方です。クリスマスディナーにはよく登場するグリーンビーンズですが、定番のフライドオニオンを載せたキャセロールに代わって、ちょっとあっさり気味のソテーです。"Cook's Illustrated" に載っていたレシピになります。(4〜6人分)

<インゲンのシャロットソテー添え>

−材料−

・食塩−−−−−−−−−−−−−小1
・インゲン−−−−−−−−−−−450g
・無塩バター−−−−−−−−−−60g
・シャロット(薄切り)−−−−−2カップ
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
・ドライバーモス−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ソースパンに水をたっぷり入れて強火で沸騰させる。
*塩を加えて、両端を摘み取ったインゲンを入れたら、再び沸騰させ、鮮やかな緑色になるまで3〜4分煮る。
*この間に、ボウルに氷水を用意しておき、ゆであがったグリーンビーンズを入れたら、常温になるまで待って水気を切り、ペーパータオルでふく。
*小さいスキレットに、中火でバター30gを溶かし、泡立ってきたらシャロットを加える。
*よく混ぜながら、黄金色になり香りが出るまで、約10分炒めたら火からおろす。
*大きいスキレットを強火で温め、1/4カップの水とインゲンを入れて熱し、1〜2分よく混ぜて温め直したら、塩胡椒で味付けして皿に並べる。
*シャロットの鍋を再び火にかけ、バーモスを入れて熱したら、残り30gのバターを半量ずつ加えて、塩胡椒で味付ける。
*これをグリーンビーンズの上に載せてすぐに出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
クリスマスのレシピ に参加中!
ビーツとインゲンとチェダーのキャセロール

赤と緑の野菜を使ってベークするキャセロールのレシピです。上からは見えませんが、赤と緑の組み合わせは、クリスマスのディナーに打ってつけ。もし時間がなかったら、すでに煮た状態で真空パックしているビーツを使うといいし、ビーツの葉の代わりに、スイスチャードや他の緑の葉野菜でも大丈夫です。全体の工程はやや手間がかかりです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピを使いました。(6〜8人分)

<ビーツとチェダーチーズのキャセロール>

−材料−

・ビーツ−−−−−−−−−450g
・タイムの茎−−−−−−−3本
・タイムの葉−−−−−−−小3/4
・にんにく−−−−−−−−2かけ
・黒胡椒粒−−−−−−−−小1/4
・塩コショウ−−−−−−−適量
・ビーツの葉−−−−−−−565g
・無塩バター(冷)−−−−大11
・小麦粉−−−−−−−−−1と1/3カップ
・牛乳−−−−−−−−−−2カップ
・チェダーチーズ−−−−−2と1/4カップ
・マスタードパウダー−−−大2〜3
・ウスターソース−−−−−小1
・タバスコソース−−−−−小1/2
・オーツ−−−−−−−−−1/4カップ
・ヘーゼルナッツ−−−−−20g
・パルメザンチーズ−−−−小1.5
・ナツメグ−−−−−−−−小1/4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

(下準備)
*大きいボットに、ビーツ、タイムの茎、にんにく、胡椒粒を混ぜて、冷たい塩水でカバーする。
*ビーツが軟らかくなるまで、15〜30分煮る。
*ビーツの葉を入れて2分煮たら取り出し、冷水につけたから水気を切って、茎と葉を刻んでおく。
*ビーツが煮えて、少し冷めたら皮をむき、5mm厚さの薄切りにする。

(ベシャメルソースを作る)
*小さいソースパンを弱火にかけ、75gのバターを溶かしたら、2/3カップの小麦粉を振り入れる。
*約2分常に混ぜながら、焦げないようにして煮る。
*ゆっくり牛乳を注ぎ、濃く滑らかなソースにする。
*2カップのおろしたチェダーを混ぜて、滑らかにする。
*マスタード、ウスターソース、タバスコを加えたら、塩で味を調整する。

(トッピングの用意)
*小さいボウルに、残り2/3カップの小麦粉とオーツと、トーストして刻んだヘーゼルナッツを混ぜる。
*指を使ってバター90gと、残り1/4カップのチェダーと、おろしたパルメザンチーズを混ぜ込む。
*塩コショウとナツメグで味をつける。

(仕上げ)
*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*大きいベーキング皿にバターを塗り、底に薄くベシャメルソースをのばす。
*その上にビーツを少し並べ、刻んだ緑の野菜を少し置いたら、十分な塩胡椒と、タイムの葉を散らす。
*またベシャメルソースをのばし、ビーツと葉野菜の層を繰り返して置いていく。
*全体をクラムトッピングでカバーしたら、オーブンに入れて、良く色づくまで45分〜1時間焼く。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ