世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:魚介類のレシピ

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
貝とキルバサとトマトのクスクス


クスクスを使ったレシピです。今日は、小さいほうではなく、イスラエルクスクスを使います。大粒のパールクスクスですね。オリジナルレシピには、フェンネルが入っていたのですが、私は抜きで作りました。いつもは小家族向けの分量ですが、今回は二人分。"America's Test Kitchen" に載っていたレシピです。(2人分)

<貝とキルバサとトマトのクスクス>

−材料−

・イスラエルクスクス−−−−−1カップ
・無塩バター−−−−−−−−−15g
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−小1個
・フェンネル−−−−−−−−−小1個
・キルバサソーセージ−−−−−115g
・にんにく(微塵)−−−−−−1かけ
・白ワイン(辛口)−−−−−−1/4カップ
・マニラクラム−−−−−−−−680g
・チェリートマト−−−−−−−170g
・パセリ(粗微塵)−−−−−−1/4カップ
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*フェンネルの株を半分に切って、芯を取り、粗く刻んでおく。
*キルバサソーセージを縦半分に切ってから、1cmほどの厚さに切っておく。
*トマトは4つ切りか半切りにしておく。
*クスクスを箱の指示通りにゆでて、置いておく。
*大きいソースパンを中火で熱し、バターを溶かして、玉ねぎ、フェンネル、切る場差を加えて、野菜が軟らかくなるまで約5分炒める。
*ニンニクを入れて、香りが出るまで30秒ほど炒める。
*ワインを注いで鍋底から混ぜ、30秒ほど煮詰める。
*貝を加えて蓋をし、時々混ぜながら、貝がすべて開くまで、8〜10分蒸す。
*へらで貝をすくって大きいボウルに移し、開かなかったものは捨てる。
*トマトとパセリとクスクスを、貝の汁が残っている鍋に加えて、塩胡椒で味付けする。
*これをボウルに盛り分け、貝を載せて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
海老のソテー・ピーナッツ入り

海老のソテーレシピです。少し大きめの海老を使います。ピーナッツが入ってクランチーに、黒胡椒やレッドペッパーフレークでスパイシーに、そしてライムで酸味を加えて引き締めています。"Cook's Illustrated" に載っていたレシピです。同じページには、黒豆や生姜、ピスタチオやクミンなどを使ったバリエーションのレシピも載っていました。(4人分)

<海老のソテー・ピーナッツ入り>

−材料−

・海老−−−−−−−−−−−−−−680g
・コーシャーソルト−−−−−−−−小1
・コリアンダーシード−−−−−−−小2
・黒胡椒粒−−−−−−−−−−−−小1
・パプリカ−−−−−−−−−−−−小1
・にんにく(微塵)−−−−−−−−1かけ
・砂糖−−−−−−−−−−−−小1と1/8
・レッドペッパーフレーク−−−−−小1/8
・サラダ油−−−−−−−−−−−−小4
・パクチー(微塵)−−−−−−−−半カップ
・ライムジュース−−−−−−−−−大1
・ライム(くし形)−−−−−−−−適量
・ピーナッツ(ロースト)−−−−−大3

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老の皮をむいて背ワタと尾を取り、塩小さじ半分と一緒にボウルに入れて、15〜30分置く。
*コリアンダーシードと黒胡椒粒を挽いて、粗い粒状にして、小さいボウルに入れる。
*これに、パプリカ、にんにく、小さじ1杯の砂糖、ペッパーフレークと、残り小さじ半分の塩を入れて混ぜる。
*海老の水気をふき、大さじ1杯の油と、残り小さじ1/8の砂糖を加えて混ぜる。
*これを鉄のフライパンに重ならないように並べてから、強火にかけ、海老の下側が少し色づき始め、端がピンク色になるまで3〜4分焼く。
*火からおろしたらすぐにひっくり返して、余熱で2分置いてから皿に移す。
*残り小さじ1杯の油をフライパンに入れ、スパイスを加えて中火にかけ、30秒ほど香りを出す。
*火からおろして、鍋に海老を戻し、パクチーとライムジュースを入れて全体に絡ませる。
*皿に移して、粗く刻んだピーナッツを散らし、ライムを添えて出す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
貝柱の赤ワインソース

貝柱のレシピです。"beurre blanc" というと、フレンチのホワイトバターソースになりますが、今回は、"beurre rouge" なので、赤ワインと赤ワインビネガーのリダクションソースになり、カラフルな仕上がりです。(4人分)

<貝柱の赤ワインソース>

−材料−

・赤ワインビネガー−−−−−−3/4カップ
・赤ワイン−−−−−−−−−−3/4カップ
・シャロット(微塵)−−−−−1/2カップ
・タラゴンの茎−−−−−−−−2本
・粒胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
・バター−−−−−−−−−−−125g
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・ホタテ貝柱−−−−−−−−−大16個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ビネガーから粒胡椒までの材料を、厚手の小さい鍋に入れ、半量になるまで、約20分沸騰させて煮る。
*ボウルにストレーナーをかざして、こし、網の目の固形物を押しつぶして、可能な限り汁を取る。
*この汁を再びソースパンに戻して、中弱火で煮る。
*115gのバターを小さく切って、1つ入れて溶けたら、次の1つを入れ、順に溶かしていく。
*塩胡椒で味付けしたら、火からおろし、蓋をして温めておく。
*大きいスキレットを強火で熱し、残りのバターを溶かす。
*貝柱を横に半分に切って入れ、不透明になるまで、片面約1分ずつ火を通す。
*煮詰めたソースを皿に広げたら、ホタテを置いて、好みで余分なタラゴンを飾って出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ