世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:魚介類のレシピ

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
シュリンププラタン・クリスピー

シュリンプグラタンのレシピです。と言っても、グラタン皿で焼くのではなく、ベーキングシートに広げて焼きます。だから、普通の軟らかい仕上がりのグラタンではなく、表面はパン粉やチーズでカリカリして、スナックを食べているような感じです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4人分)

<シュリンププラタン・クリスピー>

−材料−

・海老−−−−−−−−−−−−230g
・ズッキーニ(薄切り)−−−−中1本
・しいたけ(薄切り)−−−−−100g
・シャロット(薄切り)−−−−大1個
・にんにく(おろす)−−−−−大2かけ
・スイートパプリカ−−−−−−小1
・レッドペッパーフレーク−−−小1/2
・エルブ・ド・プロヴァンス−−小3/4
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・オリーブオイル−−−−−−−大3
・パン粉−−−−−−−−−−−1カップ
・ヘビークリーム−−−−−−−1/2カップ
・モッツァレラチーズ−−−−−1/2カップ
・グリュイエールチーズ−−−−1/4カップ
・レモン(くし形)−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを220度(華氏425度)に温めておく。
*海老の皮をむき背ワタを取って、1.5cmくらいに切っておく。
*ボウルに、海老からレッドペッパーまでの材料と、小さじ半分のエルブドプロヴァンス、小さじ3/4の塩、小さじ半分の胡椒と大さじ1の油をよく混ぜ合わせる。
*これを長方形の淵のあるシートパンに薄く広げる。
*カラになったボウルにパン粉と1つまみの塩を入れ、残り大さじ2の油と小さじ1/4のプロヴァンスを加えて混ぜる。
*ヘビークリームを満遍なくシートパンにかけたら、パン粉の混ぜ物を全体に散らす。
*上から細切りにしたモッツァレラと、おろしたグリュイエールを散らす。
*オーブンで、クリームが泡立ち、トッピングが軽く色づくまで、10〜15分焼く。
*取り出したら5分ほど休ませてから、レモン汁をかけられるように、くし形に切った物を添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
中華料理のレシピ に参加中!
海老と野菜の黒胡椒炒め

海老と野菜の中華炒めのレシピです。海老に玉ねぎとパプリカの角切りを加えて、黒胡椒をたっぷり入れた調味料を加えて炒めます。海老を炒めすぎないようにするのがコツです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4人分)

<海老と野菜の黒胡椒炒め>

−材料−

・カノーラ油−−−−−−−−−−−大2
・黒胡椒粒(粗挽き)−−−−−−−大2
・白玉ねぎ(2cm角切り)−−−−小1個
・ねぎ(薄切り)−−−−−−−−−6本
・にんにく(おろす)−−−−−−−4かけ
・緑パプリカ(2cm角切り)−−−中1個
・赤パプリカ(2cm角切り)−−−中1個
・海老−−−−−−−−−−−−−−450g
・水−−−−−−−−−−−−−−−2カップ
・醤油−−−−−−−−−−−−−−小2
・フィッシュソース−−−−−−−−小1
・コーンスターチ−−−−−−−−−大3
・パセリ(微塵)−−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいソースパンを中強火で熱して、油を熱くしたら、胡椒粒を入れて、香りが出るまで30秒ほど炒める。
*玉ねぎと半分のねぎを加えて、鍋底からこそげながら、玉ねぎが透明になるまで3〜4分炒める。
*ニンニクを入れて、香りが出るまで約30秒炒める。
*パプリカを加えて3〜4分炒めたら、皮をむいて背ワタを取った海老を入れて、1分炒める。
*水を注いで、醤油とフィッシュソースを加えて沸騰させる。
*海老がピンク色になるまで約2分煮たら、コーンスターチを水大さじ2杯で溶いたものを加える。
*中火で30秒ほど煮たら火からおろし、醤油で味を調整する。
*パセリと残りのねぎを散らして、温かい内にご飯と一緒に出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
シチューのレシピ に参加中!
魚介類のシチュー・南仏風

フィッシュシチューはいろんなパターンで作ってきました。ロブスターテールも入れた豪華な魚介類のシチューもありましたが、今回は南フランスの家庭で日常的に作られているシチューのレシピです。つまり、家にある魚類、またはすぐに手に入る材料でカジュアルに柔軟に作っていくスタイルです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4〜6人分)

<魚介類のシチュー・南仏風>

−材料−

・オリーブオイル−−−−−−−大3
・玉ねぎ(さいの目)−−−−−中1個
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・ニンニク(微塵)−−−−−−4かけ
・ローリエの葉−−−−−−−−1枚
・タイムの茎−−−−−−−−−大1本
・サフラン糸−−−−−−−−−1つまみ
・レッドペッパーフレーク−−−1つまみ
・白ワイン(辛口)−−−−−−1/4カップ
・トマト(粗微塵)−−−−−−1・5カップ
・フィッシュストック−−−−−4カップ
・ポテト(薄切り)−−−−−−900g
・貝−−−−−−−−−−−−−中6個
・白身魚(角切り)−−−−−−450g
・ムール貝−−−−−−−−−−450g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*厚手のスープ鍋を中火にかけ、オリーブオイルを熱する。
*玉ねぎを加えて、塩胡椒を振り、少し色づいて軟らかくなるまで、混ぜながら約10分炒める。
*ニンニクからレッドペッパーフレークまでの材料を入れて1分ほど炒める。
*ワインとトマトを加えて1分煮たら、ストックを注いでゆっくり沸騰させる。
*ポテトと塩1つまみを加えて蓋を斜めに被せ、沸騰寸前の状態で、じゃがいもが煮えるまで約10分煮る。
*貝を入れて蓋を斜めに被せて5分煮たら、魚とムール貝を入れて蓋をし、4〜5分煮る。
*火からおろして、貝が開くまで5〜10分蒸したら、ボウルに入れて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ