世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:魚料理のレシピ

ブログネタ
お肉お魚メイン料理 に参加中!
ハリバットのプッタネスカソース

ハリバットに、パスタソースで有名な1つであるプッタネスカソースを絡めるレシピです。"Puttanesca" は、トマトソースに、ニンニクを効かせて、色の濃いオリーブやケイパーにアンチョビーを混ぜて作る、リッチなイタリアンソースです。オヒョウが手に入らなくても、スズキやメカジキにマヒマヒと言ったしっかりした白身の魚にも使えます。(4人分)

<ハリバットのプッタネスカソース>

−材料ー

・ハリバット−−−−−−−−−−4枚
・塩−−−−−−−−−−−−−−小1/2
・胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/2
・オリーブオイル−−−−−−−−1/4カップ
・シャロット(微塵)−−−−−−1個
・にんにく(薄切り)−−−−−−5かけ
・アンチョビー(刻む)−−−−−大1.5
・オレガノ(乾)−−−−−−−−小2
・レッドペッパーフレーク−−−−小1/2
・トマト缶(さいの目切り)−−−250mL
・カラマタオリーブ(種無)−−−1/2カップ
・ケイパー−−−−−−−−−−−1/4カップ
・パセリ−−−−−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*ハリバットに塩胡椒を振っておく。
*オーブンに入れてもよいスキレットを中弱火で温め、オイルからレッドペッパーフレークまでの材料を加えて、シャロットが軟らかくなるまで約4分炒める。
*トマトを汁ごと加え、オリーブとケイパーも入れる。
*オヒョウをソースの中に埋め込み、中強火で少し煮立たせる。
*これをオーブンに入れて、10〜15分ベークする。
*ハリバットを皿に取り出し、ソースを混ぜて魚にかけ、パセリを散らして出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
お肉お魚メイン料理 に参加中!
鮭のホイシンソース・アスパラガス添え

鮭をホイシンソースでマリネしてからオーブンで焼き、ニンニクやスパイスでソテーしたアスパラガスと一緒に出します。前の晩からマリネしておけば、夕飯前の用意が簡単。今日のレシピは、"Cuisine at Home" に載っていました。(4人分)

<鮭のホイシンソース・アスパラガス添え>

−材料−

・ホイシンソース−−−−−−大2
・醤油−−−−−−−−−−−大1と小1
・ごま油−−−−−−−−−−小1と1/2
・鮭の切り身−−−−−−−−4枚
・カノーラ油−−−−−−−−小1
・アスパラガス−−−−−−−450g
・コーシャーソルト−−−−−小1
・にんにく(微塵)−−−−−小2
・レッドペッパー−−−−−−小1/4
・砂糖−−−−−−−−−−−小1/4
・ごま−−−−−−−−−−−小1
・レモン(くし形)−−−−−適量

―作り方―

*アスパラガスの硬い部分は取り除き、縦半分に切っておく。
*ホイシンソース、しょうゆ大さじ1、ごま油小さじ1を浅い入れ物に混ぜる。
*鮭を加えて両面に汁を浸け、カバーをかけて8時間冷蔵する。
*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*大きいスキレットにカノーラ油を入れ、中強火で温めたら、アスパラと小さじ半分の塩を入れ、2分炒める。
*ニンニクとレッドペッパーを加えて1分炒めたら、砂糖と小さじ1の醤油を入れて更に1分炒める。
*アスパラを鍋から取り出して、温かくしておく。
*マリネ液から鮭を取り出し、液は捨てて、残り小さじ半分の塩を振る。
*同じ鍋に皮を上にして鮭を入れ、色づくまで約1分焼く。
*ひっくり返したら、スキレットをオーブンに入れて、約8分焼く。
*皿に取ったアスパラの横に鮭を並べ、ゴマを振って、残り小さじ半分のごま油をかけ、レモンを添えて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
お肉お魚メイン料理 に参加中!
鮭のグリル・甘辛きゅうり添え

鮭を焼いて、胡瓜の甘辛付けを添えたレシピです。このレリッシュは、他の魚類や、一部の肉類にも使えます。コントラストの面からすると、やっぱりサーモンの赤ピンク系と緑の対照がきれいですね。アメリカの胡瓜は大きすぎるので、ピクルス用やペルシャ胡瓜のサイズで以下の分量を考えてください。"China Express" という本に載っていたレシピで作りました。(6人分)

<鮭のグリル・甘辛きゅうり添え>

−材料−

・ピクルス用胡瓜−−−−−−−6本
・砂糖−−−−−−−−−−−−1/2カップ
・米酢−−−−−−−−−−−−1/2カップ
・生姜(微塵)−−−−−−−−小1.5
・塩−−−−−−−−−−−−−小1/2
・鮭のステーキ−−−−−−−−6枚

(マリネ液)
・みりん又は酒−−−−−−−−1/4カップ
・生姜(微塵)−−−−−−−−大1
・ねぎ(微塵)−−−−−−−−大1
・塩−−−−−−−−−−−−−小1
・ごま油−−−−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方―

*胡瓜の両端を取って縦半分に切り、種を除いたら薄切りにする。
*ボウルに、砂糖、酢、生姜、塩を入れて、砂糖が溶けるまで混ぜる。
*胡瓜を加えて軽く混ぜたら、ラップをかけて冷蔵し、時々混ぜながら最低30分漬けておく。
*鮭を容器に入れ、マリネ液を作って流し込んで全体に馴染ませる。
*ラップをかけて、時々混ぜながら、室温で30分置く。
*グリルを用意して、鮭を入れ、マリネ液を時々かけながら、片面4〜5分ずつ焼く。
*皿に移して、胡瓜のレリッシュを添えて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ